なかなか子供ができず不妊治療に踏み切ったとしても、すぐに子供が出来るわけではありません。

そして、不妊治療は長いスパンを必要とする治療でもあるため、ある程度期間がかかるという事を理解しておかなければならない治療となります。

ある程度時間を必要とする不妊治療、いったい何歳まで治療を続ける事ができるのでしょうか。

不妊治療は何歳まで?

不妊治療を開始する年齢でもっと多いのは、37歳から38歳に差し掛かったくらいの年齢です。

自然妊娠を何年も望んでいたけれど、妊娠に至らなかったから始めたという人や、もともと晩婚で1、2年待ったけれど妊娠しないから始める人まで、さまざまです。

では、不妊治療はいったい何歳までが受けることができるのでしょうか。

これは、何歳までが出産に至るかを考えた方が良いかもしれません。

40代前半で出産する人は、毎年たくさんいますが、40代も半ばを過ぎると、妊娠確率もごくわずかで、妊娠したとしても出産までには至らないという人がぐっと増えてきます。

つまり、何歳までが不妊治療で望みをつなぐことができるかというと、やはり40代前半までには、なんとか妊娠にこぎつけるということになるでしょう。

高齢になるほど不妊治療をしても妊娠できる確率は低い

不妊治療をする人は30代後半から40代という年齢が最も多くなっていますが、そのうち、無事に妊娠するまでにこぎつける人は限られています。

30代後半には、女性ホルモンがぐっと低下して、妊娠しにくくなってきますから、やはり、妊娠したいのであれば、なるべく早く不妊治療に踏み切るということが必要です。

40代になると、さらにぐっと不妊治療の成功率は低下し、出産に至るまでも遠い道のりになります。

不妊治療は、やはり、ある程度妊娠出産する確率が残っているうちに始めるべきだといえるのです。

高齢出産の障害リスクを下げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2分脊椎(奇形児)予防にも葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防<します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。







何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?