『高齢出産』このワードを最近よく耳にしませんか?私の周りでもいわゆる高齢出産をされた方は数人いらっしゃいますし、芸能人の方でも高齢出産と報道されていたりしますね。
それでは、一体何歳からが高齢出産なのだろう?と疑問に思ったことはありませんか?

あなたは何歳からが高齢出産だと思いますか?

統計上、医学上では40歳以上で出産する事を高齢出産と言われているようです。
私の周りでも何歳からが高齢出産になるのかと質問やお話を伺っていたところ、多かった答えは35歳以上が高齢出産と思ってらっしゃる方が多いようです。
確かに30代は少し肉体的に衰えを自分自身、身に感じる歳なので、とても現実味あるお答えでした。

何歳からであっても出産というイベントは、とてつもない体力が必要となるものなのです。
しかし現代の女性は30代40代とはいえ、皆様、健康的な方や、とても若々しい方が多いので何歳からが高齢出産なのだとは私達からするとはっきりこの年齢からとは言い難いところでもありますね。

なぜ高齢出産が増えているのでしょうか?

女性は何歳からでも産めるのではと思いがち、思われがちですが、そもそも何故、高齢出産と言われる現状ができたのでしょうか?
やはり働く女性が増え自然と婚期、出産のタイミングも遅れるのが原因の一つだと思われます。

今は昔と違って結婚してからも仕事を続ける女性も多いですから、経済的にも余裕が出てくる年齢までは子供を産まないという選択肢もあります。
何歳からでも出産はできると思って当分は夫婦ふたりの時間を持ちたいと決めていらっしゃる方や、若くに結婚されていても不妊治療を数年されている方もこちらも高齢出産に結びついてくるの原因ではと言われています。

高齢出産のリスク

何歳からが高齢出産かはわかりましたが、いざ子供を望んだ時が高齢出産と言われる年齢だった。かと言って、高齢出産=全てが危険とは限りません。
油断は禁物ですが何歳からであっても出産においての知識や先生からの助言によってリスクをなるべく回避できることも可能なのです。
もちろん20代に比べると体力的にも衰えはあるかもしれませんし、妊娠力が低下していくのもまた事実です。
何歳からでも言えることですが年齢が上がるにつれて、流産や子供への染色体異常の影響も確率は高くなります。
なのでそのような影響が気になる方は何歳から子作りをするのか、あらかじめライフプランを考えてみるのもいいかもしれませんね。

子供を授かること自体はとても奇跡ですので、何歳からでも出産を考えるのは自然な事でおかしいことではありません。
女性である以上は子供が欲しい場合、リスクもある事を考えた上で年齢に合わせた自分の体と子供への影響の可能性に向き合っていくべきではと思います。

高齢出産の障害リスクを下げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2分脊椎(奇形児)予防にも葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防<します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。







何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?