血液型不適合妊娠というのは、妊娠中に起こるトラブルの1つです。
胎児と母体の血液型の違いによって起こるものです。
今回はこの血液型不適合妊娠の原因や治療法についてお話しします。

血液型不適合妊娠とは?

血液不適合妊娠とは、胎児と母体の血液型が違う時に起こる問題です。
何らかの原因で胎児の血液が母体に混ざった場合、母体では胎児の血液に対する抗原を作ります。
この抗原が、胎児の血液(赤血球)を攻撃しさまざまな症状を引き起こします。

血液型にはABO式とRh式がありますが、ABO式血液不適合妊娠ではあまり重大な問題となることはありません。
一方、重症となりやすいのはお母さんがRh(-)で胎児がRh(+)の場合です。

血液型不適合妊娠の原因とは?

Rh式血液型不適合妊娠の場合は、第1子の分娩時に胎盤の一部が傷ついたり胎盤がはがれた時に、お母さんの体に赤ちゃんの血液が混ざることがあります。
そうすると、赤ちゃんのRh(+)の血液に対する抗原がお母さんに作られ、第2子を妊娠した時に赤ちゃんがRh(+)だった場合にお母さんの血液にある抗体が赤ちゃんの血液を攻撃するのです。
赤ちゃんの赤血球に付着している抗原を攻撃するため、赤ちゃんの赤血球が壊されてしまうのです。

つまりRh(-)のお母さんの中で、中絶や流産も含め分娩経験がある場合に、赤ちゃんがRh(+)の時に重症化する可能性が大きいのです。

血液不適合妊娠の治療法

赤ちゃんの赤血球が破壊されてしまうため、胎児が貧血状態となったり黄疸を引き起こす可能性があります。
状態が悪化すると胎児新生児溶血性疾患と呼ばれる状態になり、その治療法は主に胎児への輸血です。
お母さんのお腹から針を刺して胎児に輸血するという治療法ですが、胎児の貧血がかなり重症の場合のみに行われます。

そのほかの治療法としては赤ちゃんを早期に分娩させて、産まれた赤ちゃんに輸血を行う方法があります。
黄疸に対しての治療法は光線療法が主になってきます。

また、妊娠時に行う血液検査でお母さんがRh(-)とわかった場合には、赤ちゃんの血液型がRh(+)になる確率が高まるためあらかじめ抗体ができないように薬剤を投与する方法もあります。
これは予防的な手段ですが、この方法により第2子を妊娠した際にトラブルが起こりにくくなります。

このように、血液型不適合妊娠の治療法としては胎児と新生児の時期の治療法と予防的な治療法があります。

高齢出産の障害リスクを下げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2分脊椎(奇形児)予防にも葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防<します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。







何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?