切迫早産での入院生活、とてもストレスを抱えながら過ごす人もいると思います。
私も切迫早産で2ヶ月の入院経験がありますが、症状はなく元気なのに外に出ることもできずストレスも溜まっていました。
今回は、切迫早産で入院中のストレス解消法をまとめてみました。

音楽やDVDを見てのんびり過ごす

切迫早産で安静にしていなければいけない入院生活は、じっとしていられない人には苦痛を感じることも多いでしょう。
ですが、ストレスは切迫早産に対して決していいことではありません。
そんな時には好きな音楽を聴いたり、なかなか見ることのできなかった長編のドラマやアニメをDVDで見るのもいいかもしれません。

胎教の音楽を聴くのもいいかもしれませんね。
赤ちゃんと一緒の時期だからこそ、入院中にのんびりと胎教の音楽を聴くのは効果的かもしれません。

入院記録をつける

妊娠中の記録として、日記をつけたり健診の記録や写真を整理するのもいいですね。
子どもが産まれると育児の大変さのほうが辛くなり、切迫早産の不安や辛かったことを忘れがちです。
辛く大変な思いをして出産に挑んだことや入院中に嬉しかったことなどを書き留めておくと、これから待っている大変な育児の助けになるかもしれませんね。

日記をつける習慣がない人は、毎日一言でもいいと思います。
日付ごとに写真や検査結果を整理することですら産後はなかなかできませんので、些細なことでもやっておいたほうがいいかもしれません。

同室の患者さんとの情報交換

大部屋であれば、同じように切迫早産で入院している妊婦さんが同じ部屋になる可能性はかなり高いです。
もしかして同じ部屋に、自分と同じような気持ちで入院生活を送っている妊婦さんがいるかもしれません。
情報交換を含めいろいろ話することで気分がスッキリするかもしれません。

切迫早産での入院によるストレスは、なかなか身近な人にも理解してもらえないこともあると思います。
ですが、同じような状況の妊婦さんだとお互いに気持ちが理解できるかもしれません。

切迫早産の入院生活、辛く退屈な時間だと考え始めるとストレスになる一方です。
ですが、お母さんだけでなく当然ながら赤ちゃんもお腹の中で頑張っているのです。

入院生活には終わりがありますし、自分の人生のたった数週間、数ヶ月の時間を赤ちゃんにあげましょう。
そうすれば、家事も仕事もしなくていい入院期間が赤ちゃんからのプレゼントだと考えられるようになるかもしれませんよ。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?