妊婦健診で、クラミジア感染しているか検査をする施設もたくさんありますが、陽性と知って驚く妊婦も多いと思います。
クラミジア感染症は、症状が出ないことが多く全く気づかない場合もあるからです。
自分に心当たりがないと、つい夫の浮気を疑ってしまう人も少なくないようですが、妊婦がクラミジア感染するとどのような影響があるのでしょうか?

クラミジア感染はどこから感染する?

クラミジア感染症は性感染症ですので、性行為により感染します。
放置しても治ることは無く、治療して完治しないと再発することがあります。
性感染症ですので、パートナーと一緒に治療しなければ何度も再発する可能性もあります。

ですが妊婦だけがクラミジア陽性と判明し、夫は陰性となる場合があります。
夫が浮気をしたとか、逆に妊婦側の浮気を疑われたりするかもしれません。

こういった場合、男性側が偽陰性(実際は感染している)の可能性や、何らかの病気をした時に内服した抗生剤で完治したということが考えられます。

また、症状がない場合はいつどこから感染したか特定するのは難しいといえます。
必ずしも結婚後の感染とは言い切れませんし、クラミジア感染=浮気と直結することはできない場合も多いのではないでしょうか。

妊婦のクラミジア感染は赤ちゃんにどんな影響がある?

妊婦健診でクラミジア感染の検査をする目的は、出産の際に産道を通る赤ちゃんへのクラミジア感染を防ぐためです。
赤ちゃんが産道を通る時に、目や鼻や口からクラミジア感染することで赤ちゃんが結膜炎や咽頭炎、肺炎などにかかる可能性があり重症化すると赤ちゃんの命にも関わることもあります。

赤ちゃんへの感染の他にも、治療しないまま放置すると子宮内膜や卵管などへ感染し、不妊にもつながります。
感染源がどちらかで揉めたり浮気を疑う前に、赤ちゃんや妊婦自身のことを考えしっかりと治療しましょう。

クラミジア感染の治療は?

クラミジア感染の治療は、抗生剤の内服治療を行う場合がほとんどのようです。
妊婦の場合は、膣錠という膣に挿入するタイプの薬を使うこともあります。

治療中に検査を行いながら完治するまで薬を使って治療することになります。
完治すれば赤ちゃんへの感染も防げるので、しっかり薬での治療を継続することが大切です。

高齢出産の障害リスクを下げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2分脊椎(奇形児)予防にも葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防<します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

葉酸サプリのおすすめならこれで決まりです

ベルタ葉酸サプリ

国産・高品質な葉酸サプリならベルタ葉酸サプリです。不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け。

続けやすいリーズナブルな価格なのも人気の秘密です。