出生前診断に関しては、いのちを選別しているとしてさまざまな議論があります。
それは、出生前診断で胎児に何らかの異常が見つかった時に、中絶することを選ぶ家族が多いことにあります。
ですが出生前診断は、命を選別するための検査ではありません。

出生前診断を行う前に、また胎児の異常を理由に中絶を決める前に、今後妊娠する可能性のある女性にもぜひ知っておいてほしいことをまとめました。

出生前診断を受ける理由は?

妊娠、出産する年齢が高くなればなるほど、胎児が染色体異常となる確率は高くなります。
しかし、染色体異常だけでなく流早産となる確率も増えますし、高齢出産でダウン症の子どもを出産する確率は妊娠初期に流産する確率より高いとも言われています。

染色体異常の胎児の問題だけでなく、さまざまな合併症や危険な状況になる確率は年齢とともに上がるのです。

そもそも出生前診断でわかる病気は、ほんの一握りの病気だけなのです。
もしかして出産後に別の先天的な病気が発覚する可能性だってないわけではありません。

なんのために出生前診断を受けるのか?ということを家族でしっかり話し合いましょう。
羊水検査でのリスクや、今後の妊娠のことも考えてみましょう。

もし胎児の染色体異常が見つからなくても、妊娠や出産はリスクと隣り合わせです。
胎児の染色体異常ばかりに気を取られないようにすることも大切かもしれません。

出生前診断は、命の選別をするための検査ではない!?

出生前診断の目的としては、染色体異常がわかることで家族の心の準備や産後早期から治療を受ける準備をするためということです。
しかし実際は、出生前診断で何らかの異常があれば中絶をするために確定診断をする人も少なくないのです。

また、異常があると確定診断された後に中絶する人は少なくありません。

しかし覚えておいてほしいことは、法律では「胎児の病気」を理由に中絶することは認められていないということです。
さまざまな情報の中で、染色体異常が見つかれば中絶できるという印象を受けるかもしれませんがそれは中絶する理由になりません。

ですが、今の日本では、ダウン症に限らず病気の子どもを育てることは経済的にも体力的にもかなり負担になることは確かです。

だからと言って、中絶することが認められるわけではありませんが育児ができるかどうか不安になり中絶を選択した家族を責めたりすることはできないでしょう。

だからこそ、一人一人がしっかり考える必要があるかもしれません。

高齢出産の障害リスクを下げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2分脊椎(奇形児)予防にも葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防<します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

葉酸サプリのおすすめならこれで決まりです

ベルタ葉酸サプリ

国産・高品質な葉酸サプリならベルタ葉酸サプリです。不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け。

続けやすいリーズナブルな価格なのも人気の秘密です。