出生前診断の1つとして羊水検査があります。
羊水検査は、日本ではさまざまな検査で胎児の異常が疑われた場合の確定診断として任意で行われています。
今回は、羊水検査の痛みや合併症はどんなものがあるのかをまとめました。

羊水検査はどんなもの?

羊水検査は、その名の通り羊水を採取して細胞を検査するというものです。
羊水検査でわかることは主に染色体異常ですが、家系的に遺伝的な疾患が疑われる場合にはもう少し詳しく調べることもあります。
検査を受ける時期は、病院によって異なるようですがおよそ妊娠15~18週頃です。

検査方法は、お腹に直接針を刺して羊水を20mlほど採取するというものです。
お腹から子宮まで、直接針を刺すのですからかなり痛みがありそうに思えますが痛みはどのくらいあるのでしょうか?

羊水検査で麻酔はあり?なし?

羊水検査で穿刺するときの痛みを軽減する目的で、病院によっては局所麻酔をします。
麻酔をすれば、痛みも軽減するだろうと考える人も多いと思います。
ですが、麻酔注射の穿刺で痛みを感じる人もいます。

麻酔をすると穿刺する痛みを感じにくくはなります。
ですが、局所麻酔をすると全ての人が検査中に痛みを全く感じないというわけではありません。

また逆に、麻酔をしなくても痛みをほとんど感じなかったという人もいます。
病院によって、羊水検査で局所麻酔をすることについては考え方もそれぞれありますので、しっかり医師と相談することも大切です。

羊水検査の合併症は?

羊水検査の合併症で重大なものは、流産です。
羊水検査が直接的な理由で流産をする確率は0.3~0.1%と言われています。

他には、穿刺した部位から羊水が漏れてしまうという合併症があります。
この状態は、破水と同じ状態ですのですぐに治療が必要となりますが、治療をすれば母子ともに問題なく妊娠を継続できます。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?