妊婦健診では、ほぼ毎回のように超音波検査を行います。
お腹の赤ちゃんが成長している様子を見られることはとても嬉しく、お母さんになる心の準備にもなります。

しかしこの超音波検査は、副作用はないのでしょうか?
もし副作用があるならば、検査の回数を減らすことはできるのでしょうか?

超音波検査の副作用は?

超音波検査は、特別な準備が必要なく、痛みなどの副作用もない検査なので安心安全に行える検査であると言われています。
レントゲン撮影では放射能の被爆が問題となりますが、そういった影響もありません。

数年前に、海外での実験で超音波検査での副作用が確認されたという報告がありました。
しかしその研究は、対象がマウスであり超音波を30分以上あて続けた時に副作用が出始めるというものでした。

妊婦健診では30分も同じ部位に超音波をあて続けることは無く、報告と同じ副作用が妊婦健診での超音波検査ででるとは断定しにくいのです。

一方、超音波検査の副作用が胎児にどのような副作用をもたらすかという情報も、今後の研究を待つしかないという状況です。
ですが現状は、超音波検査の副作用やデメリットよりも胎児の成長や健康状態を確認できるというメリットの方が大きいため超音波検査を控える必要は無いと言われています。

妊婦健診の超音波検査、回数は多い!?

超音波検査の副作用はないと言われても、妊婦健診のたびに超音波検査をする必要はないんじゃないかと思う人もいるでしょう。

病院によって超音波検査の回数が異なっているようですが、妊娠から出産までに必要最低限の回数は5回だそうです。
異常がある場合はそれ以上の検査をしますが、特別な状況でなくても5回以上の検査を受けている人は多いと思います。

しかし、最低限の回数は超音波専門の医師や検査士が行うことが前提です。
日本ではまだこういいった専門家が多くなく、またエコー写真をもらえたり赤ちゃんの姿を見たいからという家族側の理由で検査回数が増えていることもあるようです。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?