助産院ではアットホームな雰囲気でリラックスして出産できる特徴があります。
一方、医療機関ではないので出産できない場合もあったり費用面でも病院とは異なる部分があります。
今回は、助産院での妊婦健診の費用や妊婦健診の補助券についてお話しします。

助産院とは?

助産院とは、助産師が妊娠から出産までの健康管理や指導、産後の生活指導や新生児の保健指導などを行っている施設です。
助産師しかいないので、医師の指示のもとで行う医療行為はできません。

つまり妊娠中の合併症がなく、正常分娩が見込める場合に助産院での出産ができます。
入院できるのも、10人までと少ないので病院に比べ産後のきめ細やかなケアを受けられることが多いようです。

助産院での妊婦健診費用はどれくらい?

助産院での妊婦健診費用は、施設によって多少異なりますがおよそ5000円前後のようです。
一方、産科の医療機関でもほぼ同じ金額のところが多いようです。

ただし、医療機関の場合は毎回のように数千円かかる超音波検査が行われることもあり、助産院よりも妊婦健診費用は高くなることが多いようです。
また、分娩費用に関しては助産院のほうがわずかに安くなる場合もありますが、深夜・休日加算がある助産院もあり、助産院だからといって必ずしも安いということはなさそうです。

助産院で補助券は使える?

妊婦健診は、異常がなければ通常は14回が目安となっています。
それに合わせて、住んでいる市町村から配布される補助券も14回の健診費用が補助されるところが多いようです。

この妊婦健診の補助券は、市町村と契約している病院や助産院で使うことができます。
ですが助産院では使えない金額の補助券がある場合もあります。

また妊婦健診時は自己負担し、後日市町村に申請して費用を返還してもらうという仕組みの助産院もあるようです。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?