私は息子を出産したのは産婦人科でした。
初めての出産でしたし、家から近い産婦人科があったのでそこに決めました。
周りの方達には一部助産院で出産された方もいらっしゃいました。
『そっか、助産院もあったのだな』と思いました。
さて産婦人科と助産院、それぞれどんなメリットがあるのでしょうか?

助産院でのメリット・デメリット

助産院は助産師を責任者とした医療施設となります。
助産師は妊娠、分娩の専門技能を持った国家資格のある方なので、医師がいなくても妊婦健診や分娩を行うことができるのです。

基本的に助産師が妊娠から分娩まですべてを担当しますので、妊婦と助産師の距離が密になるのがメリットと言えるのではないでしょうか。

距離が近いと色々と相談もしやすいですし、アットホームな空間で出産できます。
信頼関係が築ければかなりリラックスして出産に望むことができるはずです。
また、助産師は女性限定の資格ですので、女性だけの空間で出産をする事ができます。
自宅での出産や水中出産などの出産方法が実践できるというのも助産院の特徴となります。

助産院のデメリットは、医療行為ができないため、分娩時もしものトラブルがあった場合の対処にやや不安がある事です。
助産院での分娩トラブルは少なからずあるようなので、トラブル時の対応は事前に把握しておかなければなりません。
このような事から、助産院では自然分娩で安全に出産ができると予測される分娩のみを取り扱います。

また、医療行為が行えない事から分娩時の会陰裂傷が産婦人科に比べて大きく回復も時間がかかることがあります。

産婦人科のメリット・デメリット

産婦人科は主に妊娠・分娩、子宮、卵巣、卵管、膣、外陰部の疾病や月経・更年期など女性特有の症状や悩みを扱っております。
産婦人科では、出産の指揮を執るのは産婦人科医であり、分娩時の医療行為が可能です。

帝王切開や避妊の手術、不妊治療なども産婦人科ならば行うことができます。
やはり医師がいるのでもしも何かあった場合、緊急事態での対処が迅速にできる安心感があることかもしれません。
大きな病院になるほど、新生児の治療室、NICUなどの設備も充実しており万が一の事態に備えることができます。

デメリットというと、やはり病院では医師や看護婦など大人数となるので一対一でのコミュニケーションがあまりとれないという所でしょうか。
看護師が陣痛から分娩の誘導までを担当し、医師は出産直前に来るということが多く、医師が分娩につきっきりで対処する病院はほとんどありません。
このように産婦人科、助産院にはそれぞれ違いがあり、メリット、デメリットもあるのですね。

医療行為が必要になる可能性の高い、ハイリスクの妊婦は助産院ではなく、産婦人科で妊娠管理、分娩を行います。
産婦人科は特に高齢出産や多胎、骨盤位、切迫流産・早産などリスクの高い妊婦さんにとっては強い味方となります。

高齢出産の障害リスクを下げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2分脊椎(奇形児)予防にも葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防<します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。







何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?