待望の赤ちゃんを授かり産まれるのを心待ちにする反面、不安な事も色々と多いのではないでしょうか。
特に聞きにくい事で、周りの夫婦の皆さんも、どうしているのか気になるのが妊娠中のセックス。

妊娠中はセックスしてはいけないのでは?と思いがちで、スキンシップが減っていく…と、悩まれるご夫婦もいるかと思います。
妊娠中のセックスは本当に平気なのでしょうか?

妊娠中のセックスに対する不安要素

女性の場合、妊娠中の性的関心は減少する傾向にあるあるようです。
妊娠中でも特に初期は、つわりがあったり体がダルく感じたり、乳房が張ってくる痛みなどでセックスをする気になれなかったりするからです。
妊娠中は不安な事も多いので安定期前ですと、赤ちゃんに影響が出るかも知れないと思うと、セックスをしようという気になれないですよね。

しかし妊娠中でも安定期になると余裕も出てきますのでセックスへの性的関心が出てくる方も多いようです。
妊娠中でも妊娠経過が順調で、おなかの張りや痛み、出血、切迫流産などでなければセックスをしても問題はないようです。

妊娠中のセックスで気をつける事

妊娠中、初期はつわりによる吐き気や疲労感などがあると思うので無理をしないことです。
身体をいたわることを優先しましょう。

また妊娠中のセックスは赤ちゃんを傷つけてしまわないか心配だという声が多いと思いますが、赤ちゃんは子宮と羊水に守られており、子宮口の粘液が膣との間を遮断しているので普通には問題はないそうです。

セックスは夫婦による愛情表現のひとつです。
妊娠中でもお互いをいたわる気持ちを大切に考える事が大事になります。
激しいセックスよりお互いの絆を確かめ合うスキンシップとして考えましょう。

この時に性器や指は清潔にして激しい動きは控えることに気をつけましょう。
また感染症のトラブルを避けるためコンドームをつけましょう。

もちろん妊娠中のセックスは無理にする必要はありません。
どうしてもセックスする気になれない場合は、相手にもそのことを伝え、夫婦での二人の時間を大切にしましょう。

パパが我慢できない場合にはオーラルセックスでコミュニケーションをとるなど工夫してみましょう。
パパとママが仲良しだとお腹の赤ちゃんも嬉しいのです。

高齢出産の障害リスクを下げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2分脊椎(奇形児)予防にも葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防<します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。







何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?