妊娠された方なら誰もが経験される超音波検査。
妊婦健診では、すっかりおなじみですね。

おなかの赤ちゃんが、モノクロの線画や、リアルな3D画像となって映し出されるのは、ママにとっても楽しみな時間ですよね。
私も毎回お腹の赤ちゃんの様子がわかる、この妊娠検診がとても楽しみでした。
さて、なぜ妊娠検診で継続的に超音波検査で胎児を観察しているのでしょうか。

超音波検査の必要性

超音波検査では正常妊娠か、赤ちゃんの心拍や胎盤の位置、発育状況、先天性異常などを診ます。

妊娠初期に超音波検査をし、子宮内に胎嚢があるか、赤ちゃんの大きさを測ることにより正確な妊娠週数と出産予定日を調べたりする事ができます。
週数に応じて赤ちゃんが大きくなってるか、それぞれの器官がきちんと形成されているか、骨が成長しているかなど赤ちゃんの発育状況もチェックできます。
超音波検査では赤ちゃんの心臓の動きである心拍があるかどうかを調べることもでき、成長過程や母体状況の把握するためにも、妊娠検診は大事なのです。

妊娠、出産は奇跡の連続で本当にいつ何が起こってもおかしくないのです。

今まで順調にきていても、急に何かトラブルが起こる可能性もあります。
できる限りトラブルを避け異常事態には適切な対応をする為に超音波検査、妊娠検診は必要なのです。

超音波検査は何回行われる?

超音波検査の回数は病院によって異なりますが最低でも出産までに妊娠検診中、5回は実施されます。
病院を受診した時と、妊娠初期に計2回、妊娠中期から後期にかけては赤ちゃんの成長時期に合わせた計3回行われます。

病院によっては、妊娠検診中にもっと多く超音波検査を行うところもあるようです。
母体や赤ちゃんにトラブルが起きている場合は、異常の有無を確認する必要があるので頻繁に検査を行う場合があります。

超音波検査にかかる費用は、病院によって若干異なってきます。
妊婦検診は基本的に健康保険は適用されないので、自費診療となり超音波検査を行えばかかる費用も実費で支払わなければなりません。

しかし、最近の自治体では妊婦検診にかかる費用の負担を減らすために、検診補助券を発行しているところがほとんどです。
超音波検査も補助券で補える場合もあるので、心配ならば一度病院で尋ねてみるといいかもしれません。
私もこの妊娠検診補助券で超音波検査を受けていました。

超音波検査はママと赤ちゃんを守るためのとても重要なものなので、妊娠したかも?と思ったら必ず病院へ行き妊娠検診を受けましょう。

高齢出産の障害リスクを下げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2分脊椎(奇形児)予防にも葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防<します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。







何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?