赤ちゃんを授かったら気になるのはやはり性別ではないでしょうか。
私も初めての赤ちゃんを授かり、性別は男の子かな〜、女の子かな〜と毎日ワクワクしていたのを覚えています。
実際に性別がわかるまでは、色々な言い伝えや、ジンクスで赤ちゃんの性別を予想したりして楽しんでいました。

妊娠された皆さんは実際にいつぐらいに性別がわかったのでしょうか?

男女の性別になるとき

赤ちゃんの性別は受精の段階で決まっていて途中から性別が変わることはありません。

男と女では外性器の構造は男性と女性では違います。
しかし、胎児時代の初期には同じ構造、つまり女性型の構造でなのです。

実は赤ちゃんが発育してゆく過程ではまず女性型の性器からスタートするのです。
妊娠9週頃から男女の差が生じてきて、11週頃からその違いがが確実になります。

男の赤ちゃんの場合は発生の途中からY染色体の影響で精巣が作られ、男性ホルモンが増えてきます。
それによりもとは女性の構造であった性器が男性器へと変化していくのです。

女性器であるクリトリスや外尿道口の部分が伸び、おちんちんに変化します。
陰嚢内の睾丸は胎児のお腹の中で作られ、下降してきて陰嚢内におさまるようになるのです。

性別がわかるとき

赤ちゃんの性別の確認ができるのは早くて妊娠5ヶ月くらいからだと言われており、確認、確定がしやすいのは7ヶ月前後だそうです。

私が赤ちゃんを妊娠した際に性別の確認ができたのは5ヶ月頃と少し早めでしたね。
赤ちゃんの胎位や赤ちゃんの手足の位置によっては、性別の確認に時間がかかる事もあります。

確かに私の時も検診時、赤ちゃんがうまく股あたりを隠した状態の胎位だったので、先生もなかなか性別がわからなかったようです。
しかし男の子特有のおちんちんがチラっと見えた事により男の子でしょうと性別の確定ができました。

今では、高性能な超音波検査のおかげで赤ちゃんの性別を簡単に知ることができますね。
そして少しでも早く性別を知りたいと希望される方は非常に多いですね。
ほとんどのお母さんが胎児の性別を出産前に知っているのではないでしょうか。

しかし、性別判断された後産まれてきたら逆の性別だった!と言う事もあり100%間違いない!など断言は出来ないのです。
実際に産まれてみてからでないと性別が分からないという現状もまだまだあるようです。

高齢出産の障害リスクを下げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2分脊椎(奇形児)予防にも葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防<します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。







何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?