初めての妊娠・出産を経験するときはどんな人でも不安ですよね。
それが高齢出産ともなれば尚更です。

やはり、高齢出産となると流産や難産になるリスクも高いですし、出産後の体の回復も心配ですよね。

そう考えると、高齢出産の場合の病院選びってとても大事になってくるのではないでしょうか?

出産できる医療施設の違いとは?

出産できる施設として思い浮かぶのは、助産院・個人病院・総合病院でしょうか。

助産院はアットホームな雰囲気で、あくまでも自然な流れでお産を迎えるといったところが多いと思います。
リラックスした状態で出産できる反面、もしもの場合の医療施設が完備されていない場合もあります。
また、助産院によってはリスクや緊急性を考えて、最初から高齢出産の妊婦さんを受け入れない所もあるそうです。

個人病院は小規模なので、妊娠初期に担当になった医師が出産まで対応してくれるといった安心感はあると思います。
しかし、高齢出産は通常の出産よりもリスクを伴うので、助産院同様何かのトラブルに対応できるか不安な面もあります。

総合病院は、医療設備は整っていて医師や看護師の数も多く、突然のトラブルやリスクにも迅速に対応してもらえるメリットがあります。
また、高齢出産の受け入れの実績も多く、その点では安心感があります。
しかし、その反面担当医が途中で変わったり、病院自体の規模が大きいため患者の数も多く待ち時間も長いといったデメリットもあります。

リスクを伴う高齢出産での病院選びは何を重視したらいい?

病院選びで特に重視したいのは、自宅から近いということではないでしょうか?

妊娠から出産まで約10ヶ月。
何事もなくスムーズに出産までこぎつければ良いですが、こればっかりはどうなるかわかりません。
ましてや不安やリスクが多い高齢出産では、心配なことがあったらすぐに診てもらえるように、できるだけ自宅から近い病院選びをおすすめします。

そして、周りの声を良く聞くこと。

やっぱり、病院選びで1番参考になるのは、実際にその病院で出産した人の感想を聞くことです。
最近では、ネットなどの口コミを見て病院選びをする人も多いと思います。

特に高齢出産で、リスクを抱えた経産婦さんの意見はとても貴重です。
メリット・デメリットは必ずあると思いますが、自分が何に妥協できて譲れないものはなにか。
じっくりと考えてみるのもいいと思います。

病院選びは、出産準備の第一歩です。
できれば多くの人の意見を聞けるといいですね。

出産は人生においてとても大切なもの。
リスクを乗り越え、満足のいく病院選びで人生の喜びを感じる瞬間を、最高の環境の中で迎えたいですね!

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?