妊娠していた頃、産婦人科でも出生前検査がありました。
親としてはやはり出産前から、赤ちゃんの健康は気になりますね。

そこで最近話題になっているのが胎児ドッグです。
胎児ドッグとは一体どのようなところなのでしょうか?
一般的な血液検査や羊水検査とどのように違うのでしょうか?
気になる情報をまとめてみました。

胎児ドッグとは?

超音波診断装置、いわゆるエコー検査で胎児の発育を診る検査です。
妊娠初期の段階で胎児に染色体異常や心奇形の有無などを細かく検査します。

胎児ドッグは海外同様、日本でも増えてきており胎児ドックを受けられる施設が少しずつ増えてきているようです。
しかし増えてきているとは言え、胎児ドッグを受けれる施設はまだまだ少ない為、予約をとることが難しいこともあります。

有名なのはクリフム

全国の胎児ドッグが受けれる施設のなかでも、大阪にあるクリフムです。
クリフムはテレビや雑誌にも取り上げられている胎児ドッグで有名な病院です。

クリフムではクリフムでしかできない検査が多く、ダウン症など染色体数異常を高精度にスクリーニングできる事、先天性奇形の多くをみつけ出せる事などから、クリフムへ胎児ドッグを受診しに足を運ぶ方が多いようです。
妊婦健診ではへその緒の血流や羊水の量、子宮の入り口の長さ、胎盤の状態など赤ちゃんの環境の確認しますが、クリフムの胎児ドックでは最高最新機種の超音波機器を使用して赤ちゃんの形態を診ます。

クリフムの初期での胎児ドッグでは、初期段階で脳や心臓の構造までチェックできるようで、赤ちゃんにむくみがないか、脳の初期構造、胃の位置や心臓の向き、心臓内等、最先端の超音波検査によって細かく確認しながら診ます。
超音波検査の結果はその場で出ます。

このようにクリフムでは、胎児ドック創始者のドクターが最新最先端の画像診断や検査を行っています。
クリフムでは正確な検査と理解、丁寧な説明をすることで家族とともに赤ちゃんの命のためにサポートしていく新しいスタイルの胎児ドッグなのです。

高齢出産の障害リスクを下げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2分脊椎(奇形児)予防にも葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防<します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

葉酸サプリのおすすめならこれで決まりです

ベルタ葉酸サプリ

国産・高品質な葉酸サプリならベルタ葉酸サプリです。不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け。

続けやすいリーズナブルな価格なのも人気の秘密です。