現代は晩婚化が多く、高齢出産も増えてきていますね。
その為女性だけでなく男性の精子も加齢とともに劣化していきます。

また、医学が進歩しているので手術、抗がん剤治療、放射線などで病気を回復させる技術がレベルアップしている分それらの副作用により、精子を作る機能が低下しやすいということも明らかになってきました。

精子が劣化、低下するのは嫌だという男性の為に選択肢の一つに精子凍結保存といった方法があります。
精子凍結は最近よく聞くようになりましたが、どのような方が利用され費用等どのくらいかかるものなのでしょうか?

精子凍結保存とは

精子をマイナス196度で凍結し、保存することを精子凍結といいます。
半永久的に精子凍結保存することが可能で精子凍結の安全性は医学的にも立証されています。

自分の子が欲しい場合など、本人の意思に基づいて治療開始前に精子凍結保存しておくことが可能なのです。

他にも旦那様が長期に出張や海外赴任等、精子が必要な人工授精や体外受精当日に用意できない場合に予め精子凍結保存しておく方がいらっしゃったりもします。
また白血病など抗がん化学治療を受けていた場合精子の形成ができなくなり無精子症となる場合があります。
そのような将来に備えて精子凍結をされる方もいます。

精子凍結をもしもの為に…といった保険のように使っていらっしゃる方が多いのですね。
ただし既婚男性の場合は夫婦での意思が一致していれば、精子凍結保存することができますが、独身男性の場合は、条件に当てはまらない場合は精子凍結保存は受け入れていないようです。

精子凍結保存にかかる費用はどれくらい?

気になるのは費用ですね。
まずは、精子凍結保存費用。
こちらは約2万から3万ほどの費用がかかると言われています。

この費用には、凍結のための手技料と一年間の保存管理料が含まれるようです。
精子の凍結保存にかかる諸費用は、すべて自費となっております。

そして精子凍結保存期間の延長費用。
こちらも精子凍結後、保存期間が一年を超える場合には延長申請が必要となり、約1万円〜費用がかかります。

やはり凍結させるので管理費用含めて全体的に高く感じるかもしれません。
もちろん精子の劣化をどれだけ重要視するかによって、費用の高い安いの感じ方も変わってくるとは思います。

費用額はあくまで目安のため施設によってかかる費用が異なります。
精子凍結保存をお考えの場合は、必要性や費用を医師に確認して納得の上で行うことが一番だと思います。

高齢出産の障害リスクを下げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2分脊椎(奇形児)予防にも葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防<します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。







何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?