妊娠中のママさんなら産婦人科で最初の検診あたりで「お酒やタバコはやめてくださいね」と、必ず一度は言われるとは思います。
妊娠中に、飲酒や喫煙をしてはいけないこと、それらが発達障害などに影響することは、もはや一般常識ですよね。

しかし現代の若い世代の女性には妊娠中でもアルコールやタバコを摂取されている方が多いようです。
もちろん罰せられるわけではないですが…。
それでもお腹の赤ちゃんへの成長や発達障害など、何かしらの影響を及ぼします。

赤ちゃんへのタバコやお酒の影響

煙草に含まれる成分は、胎児にとっても有害な一酸化炭素とニコチンが含まれています。
このニコチンによって流産に繋がることもありますし、早産、低体重児の危険性もあります。
また、胎児奇形や発達障害など何らかの障害を持っている可能性も高いのです。

近年、妊娠中の喫煙と子どもの発達障害の関連についての研究も進んでおり、喫煙する妊婦から生まれた子どもは、注意欠如、多動性障害等の発達障害を発症する率が高くなっています。
妊娠中に喫煙していた妊婦から生まれた子どもは、様々な問題行動や暴力犯罪を犯す率も高くなってしまうようです。

また妊娠中のアルコール摂取に関しても、胎児に及ぼす影響として「胎児性アルコール症候群」があります。

赤ちゃんは胎盤を通して栄養をもらっていて、母親がアルコールを摂取すると、赤ちゃんのもとにももちろん届きます。
赤ちゃんも大人と同じように肝臓でアルコールを分解しようとしますが、肝臓の機能が未発達な為、分解されるまで体内にはアルコールが残ります。
妊娠中の飲酒により、低体重、低身長などの成長の遅れ、発達障害や行動障害と、様々な影響も出るとされています。
この胎児性アルコール症候群には治療法はありません。

お腹にいる赤ちゃんは一心同体

私は大丈夫と思ってはいけません。
自分の子は発達障害にはならないから大丈夫。
そんな事は誰にも断言できません。

妊娠中は本当に何があるかわかりません。
お酒やタバコをしていなくても早産や流産のおそれがある方はたくさんいらしゃいますし、発達障害を持っている可能性は誰にでもあります。

タバコやお酒というのは、非常に依存しやすい嗜好品で妊娠してもなかなかやめれずに、悩んでいる人も少なくありません。
しかしわざわざ、自分の子供に悪影響を与えるような事をしていていいのでしょうか?
飲酒や喫煙は自ら未熟児、発達障害などになる影響を高めている行動となります。

妊娠したら、もう自分だけの体ではありません。
お腹の赤ちゃんの健康の為に、無事に生まれてきてくれるように妊娠中はお酒やタバコは我慢して母親としてしっかりとした準備をしてあげてください。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?