○○ハラという言葉が次々と生み出され、ドラマやニュースなどで「あっ、こんなハラスメントもあるんだ!」と驚く人も多いのではないでしょうか。
その中のひとつに、妊婦が職場で妊娠や出産をきっかけに嫌がらせを受ける「マタニティハラスメント」(通称:マタハラ)があります。
では、実際働く妊婦さんは、どんなマタハラを受けているのでしょうか。

マタハラケース1『この時期に妊娠?まさか、つわりなんかで休まないよね?』

いろいろな仕事を任されていたり、部署が変わったばかりだったり…。
頼りにされているからこそ出る上司の言葉なのかもしれませんが、勇気を持って妊娠報告をしたのに、帰って来た言葉がこれだとやはり傷つきますよね。
「この忙しい時に!今からって時期に!」という責めのニュアンスに、「つわりで調子悪い時も休まないでね」という圧までプラス。
しばらくは、体調の悪さを見せないで働くのが精一杯で、次の産休の相談がしづらいマタハラ状況下に悩む妊婦さんも珍しくありません。

マタハラケース2『いいよね~、妊婦さんは』

重い荷物を運ぶ時や、妊婦検診で昼から出社する時、同僚や上司から嫌みたっぷりに浴びせられるこの言葉もマタハラです。
確かに、仕事をしている中で妊婦さんに有利なこともあります。
例えば、お酒好きでクセの悪い上司がいる二次会にしつこく誘われることも少なくなりますし、残業や休日出勤なども上司に考慮してもらえることも。
それを快く思わない人は、ここぞとばかりに「妊婦だから仕方ないよね~」「私も妊婦になりたいわ」とグサッとくるマタハラ言葉を投げかけるのです。

マタハラケース3『産休?家でゆっくり子育てに専念する道もあるよ』

上司に産休や育休の相談をしようとしたら、やんわりと退職を勧められたという妊婦さんもいるようです。
言っている方はマタハラに最大限気を付けているつもりでも、これもやはりマタハラ。
中には、様々なマタハラに耐え抜いて出産&育休して復帰したにもかかわらず、その後も「あのまま子育て専念していてもよかったのに」と言われ続けるケースもあるようです。

マタハラは妊婦だけでなく、出産して子供を育てている女性にも当てはまります。
そして、上記のような心ない言葉だけでなく、わざと激務を与えて退職に追いやったり、部署を変更させられたりするのもマタハラです。

妊娠中や出産後はホルモンバランスの影響で不安定になりやすいうえ、会社でマタハラを受けるとストレスも増え、胎児の成長や子育てにも良い影響を与えません。
自分の会社の制度や出産&育児に関する法律をしっかり把握し、きちんと主張する勇気も大切です。

高齢出産の障害リスクを下げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2分脊椎(奇形児)予防にも葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防<します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。







何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?