「できれば2人目も産みたい」と考えた時に、一番気に掛かるのは上の子の子育てと赤ちゃんの育児がきちんと両立できるかではないでしょうか。
また、やがて子供達が成長して教育費もかかってくることを想像すると、子育てのしやすさだけではなく、経済的な面でも「2人目は何歳差がベストなんだろう」と考えますよね。
では、2人目を作るなら何歳差がベストなのでしょうか?

「育てやすさ」を優先するなら何歳差?

育てやすさを優先した時に一番多く支持されるのが「3歳差」です。
「これイヤ!あれもイヤ!」の魔の2歳児が過ぎ、意志の疎通もしっかりとできるようになる3歳児。
もちろん、まだまだ手は掛かりますが、2人目がママのお腹にいる時点から「自分はお兄ちゃん(お姉ちゃん)になるんだ」という自覚が持てるので、2歳児よりも赤ちゃん返りが少ないとされています。
また、3歳になるとおむつが取れたり、トレーニング箸でご飯が食べられたりと、少しずつ自分でできることも多くり、幼稚園への入園も視野に入れられるので育児も幾分楽になります。

「経済面」を優先させるなら何歳差?

経済面を優先する場合は「4歳差」を選択されるママが多いようです。
3歳差の場合、幼稚園・小学校・中学校・高校・大学と、入園と入学が1人目と2人目で常に重なるので出費が一度にきます。
いずれにせよ、トータルで出る出費は一緒なのですが、時期が重なるため、「2人目は4歳差に」という方も多くいらっしゃいます。
上の子はさらに自分でできることが増え、下の子の面倒も見てくれることもあるので、育てやすさの面でもメリットは大きいと言えるでしょう。
しかし、何歳差でも4歳以上は子供の年齢が離れているため、子育てに携わる年数が長くなるという点があります。

「少し大きくなったら友達感覚で一緒に遊んでくれるから」と二歳差の方がメリットを感じる家庭もありますし、反対にぐっと離して育児をしっかりと楽しみたいというママもいらっしゃいます。
一番大切なのは、どのポイントを優先したいかということです。
そこを焦点に絞ると、我が家では「2人目は何歳差がベストか」という答えが明確になってきます。

そして、最も大切なのは、2人目のことや何歳差にするかなど、夫婦や家族の未来をパートナーとじっくり話し合うことです。
ようやく結論が出ても残念ながら、その時期に授かることができない場合もあります。
それでも、夫婦で語り合った時間は無駄にはなりません。
その時は「うちでは何歳差は関係なくて、2人目が産まれてくれる時がベストタイミングなんだね」と家族でその日を楽しみに待ちましょう。

高齢出産の障害リスクを下げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2分脊椎(奇形児)予防にも葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防<します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。







何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?