初めての出産の時は、産まれてくる子のことだけを考えて痛みや不安を向き合うことができましたが、2人目の時は、それと同時に上の子のことが心配ですよね。
2人目の出産・入院の時には、上の子のお世話をみなさんどうしているのでしょうか?

実家や姉妹を頼る

2人目を出産されるママも上の子も、はやり一番安心できるのは、両親(子供の祖父母)や姉妹の家に預けたり、1週間ほどお家に来て泊まってもらったりすることです。
しかし、両親や姉妹が働いている人や、上の子が学校に通っていて遠くの実家には預けられない人も多く、やむなく他の選択肢を考えざるを得ないママもいます。

有料のサービスを利用する

2人目の出産で上の子の面倒が見られない時の解決策のひとつに、あらかじめシッターに頼んでおくという方法もあります。
お家の近くにそういったサービスを請け負う事業所があるのか、また、出産はいつ始まるか分からないので緊急時や夜中も対応してもらえるかなど、きちんと相談しておくことが大切です。
他にも、地域によってはシッターよりも安く利用できる「ショートステイ事業」を実施しているところもあります。
2人目・3人目を出産する時に合わせて上の子を児童養護施設などで1週間ほど泊まらせてくれ、プロがお世話もしてくれるので、各自治体に制度の有無を問い合わせしてみるのも良いでしょう。

夫に育児休暇を取ってもらう

今増えてきているのが、2人目の出産前後に合わせて夫に1週間ほど育児休暇を取ってもらうという選択肢です。
中には、2カ月ほど会社に申請して、上の子だけでなく産まれてきた赤ちゃんや奥さんの産後のケアまで引き受けてくれている育メンもいらっしゃいます。
しかし、実際が、まだまだ男性の育児休暇が浸透していない企業もあるため、1週間ほどが双方に取って「取りやすい」「取らせてあげやすい」期間と言えそうです。

2人目の出産を安心して迎えるためにも、出産・入院時の上の子の心配事は早めにクリアしておきたいものです。
家族とよく相談をして、安心して2人目を産めるベストな環境を選びましょう。

高齢出産の障害リスクを下げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2分脊椎(奇形児)予防にも葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防<します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

葉酸サプリのおすすめならこれで決まりです

ベルタ葉酸サプリ

国産・高品質な葉酸サプリならベルタ葉酸サプリです。不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け。

続けやすいリーズナブルな価格なのも人気の秘密です。