2015年夏に話題となった「上の子の保育園の退園問題」は、今から2人目を考えている人や、近い将来できれば続けて子供を産みたいと考えている人にある意味衝撃を与えた出来事でした。

新制度の制度を巡って問題視されたのは、埼玉県の所沢市でしたが、実はここだけという話ではなさそうです。
2人目の妊娠・出産に躊躇する前に、きちんと制度を理解し、自分の地域の実態を知ることが大切です。

どうして問題になったの?

保育園を利用しているお母さん方が、「2人目を出産・育児するために育児休業を取ったのに、上の子が保育園を退園させられて困る」と所沢市を訴えたのが始まりでした。

事の発端は2015年4月。
所沢市が待機児童の解消に向けて施行した制度が「原則、0歳~2歳の園児を持つ母親が出産する時は、出産の翌々月までに退園してもらって、育休中はお家で育ててください」という仕組みだったことでした。

市側も退園した園児を通常の保育枠とは違う特別枠を設けて、選考の際に優先するという方針を示しましたが、「それでは根本的に解決していない」というのがお母さん方の訴えでした。

せっかく慣れていたのに保育園を退園させられたことで子供の環境が変わること、お母さん方も2人目の育児で大変なこと、育児休暇を取り終えた後の仕事復帰への不安…。

新制度施行から発生した新たな影響が、「上の子保育園退園問題」として明るみになったのです。

自分の住んでいる地域はどう?

実際、この「上の子保育園退園問題」がメディアで報道された後、「この地域ではどうなの?」と、市役所などへの問い合わせが急増したそうです。

所沢市以外にも、鎌倉市(上の子が2歳未満)、八千代市・静岡市・平塚市・熊本市・堺市(上の子が3歳未満)、岡山市(上の子が5歳未満)で同じような制度が施行されています。

しかし、そのうち鎌倉市・八千代市・境市では制度を改めたり、厳密に運用していなかったりで、2人目が産まれても、保育園を退園させられることはないそうです。

今回の問題で、上の子の保育園退園に繋がる制度の施行は地方でもさらに慎重になると思われますが、いずれにせよ、2人目を妊娠する前に、市や保育園に仕組みや制度をしっかりと確認することをオススメします。

保育園の退園問題以外にも「2人目を産みたいけど…」と躊躇してしまう要因がある方もたくさんいらっしゃると思います。

各方面に相談することで、今まで知らなかった制度や仕組みを知るきっかけになったり、反対にそれが2人目を産む自信や安心に繋がったりすることもあるので、一度訪れてみてはいかがでしょう。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?