ふた昔くらい前は、「子供がお腹にいるのだから赤ちゃんの分も栄養を摂らないと…」といって、栄養価の高いカロリーのあるものをたくさん食べるといった風習のようなものがありましたよね。

今、そんな風にカロリーを気にせずに食べていたらあっという間に体重が増え、特に高齢出産の場合は難産につながってしまいます。

この「赤ちゃんの分まで…」というのは、昔の食糧難の時代の話だそうです。
今の飽食の時代には当てはまらないようです。

その代わりに、妊婦さんには必要不可欠な栄養素がいくつかあります。
代表的なものは、葉酸・カルシウム・鉄・亜鉛などです。

特に高齢出産の場合は、この中の葉酸を摂取することをすすめられています。
今は摂取しやすい葉酸サプリも販売されています。

高齢出産にはどうして葉酸が必要?

葉酸は、妊娠時に人が形成される時期の細胞分裂の際に、とても必要な栄養素といわれています。

また、妊娠初期から安定期に入るまでは特に必要で、葉酸が不足すると胎児に神経障害が起こる可能性があるともいわれています。
そして、2003年には世界的に有名な医学雑誌に、葉酸を摂取することによって、ダウン症を防ぐ可能性があるとの記事が掲載されました。

高齢出産になると、ダウン症の子供がうまれる確率は高くなるので、葉酸はとても必要な栄養素ということになります。
また、ダウン症の子供がが生まれる背景には、女性だけが高齢出産というわけではありません。

男性にも高齢出産というのは当てはまるのです。
妊娠を計画した時に、出産時の年齢が男性も高齢出産に達する場合は、夫婦共に摂取するのが望ましいといえます。

葉酸が含まれる食品とは?

葉酸が含まれる食品は色々あります。

その中でも緑黄色野菜が特に多く、モロヘイヤ・芽キャベツ・アスパラガス・ブロッコリー・ほうれん草などです。
そして、最も葉酸が多く含まれる食べ物は、レバーです。
特に鶏のレバーには、牛や豚に比べてダントツに多く葉酸が含まれています。

しかし、高齢出産の人には特に必要とはいわれても、毎日葉酸を摂るためにこのような食材を摂取するのは大変ですよね。
そこで葉酸サプリがおすすめです。

葉酸サプリは一日にどれくらい摂ればいい?

妊婦さんに葉酸サプリが必要ということは、実は厚生労働省が推奨しているのです。
それによると、一日に必要な葉酸の摂取量は400μgとされています。

この400μgという量は、ほうれん草でいえば6株食べなくては摂取できない量です。
そう考えると、やはり葉酸サプリで摂ることが最も有効といえますね。

また、葉酸サプリの成分には天然の原料を使っているものや添加物を一切含まない純度の高いものなど、様々な種類があります。
そして、葉酸サプリ1粒当たりに含まれる葉酸の量も色々です。

葉酸は、妊娠する前から摂取することが良いとされていますから、高齢出産を考えている人は葉酸サプリを早い段階から摂取することを
おすすめします。

葉酸には、こんなに重要な働きがあることは知りませんでした。
そして、高齢出産の人は積極的に葉酸サプリを摂ると良い理由もわかりました。

最近では、葉酸サプリはドラッグストアなどでも気軽に手に入ります。
自分に合った気に入ったものを是非探してみてはいかがでしょうか?

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?