よくニュースなどメディアにも取り上げられるマタニティーマーク。
妊婦さんを守る為にあるはずのマタニティマークですが、これを付けて周りに分かる事で一部の妊婦さんはコワイ思いをした、危険な目にあった等の妊婦さんが増えているようです。
何故このような目にあわなければいけないのか、マタニティマーク=妊婦が嫌われる原因は何なんでしょうか?

マタニティマークの役割

マタニティマークの本来の目的・役割としましては、妊娠初期はまだお腹が出ておらず目立たない為、周りに妊婦だと気付いてもらえない時期に、もしも何か事故に巻き込まれたり、どこかで倒れてしまった場合に、お腹に赤ちゃんがいますといった目印になります。
マタニティマークで妊娠の目印があれば、赤ちゃんに配慮した処置等が出来ますよね。
嫌われるからといいましても、妊娠初期は、特につわりや貧血などがおきやすい時期で倒れたりする事も十分考えられるので、この妊娠初期の時期にこそ付けておいてほしいのです。

恐ろしい体験

マタニティマークの本来の役割などの知識や意味をあまり理解されていない方が多いと思います。
“私は赤ちゃんを妊娠しました!”といった幸せアピールだと勘違いされて嫌われる事が多いようです。

例えば、マタニティマークを何故つけるの?周りに妊婦だと思って特別ほしいの?と言われた、妊婦は混んでる時間に電車乗るな!等と言われるそうです。
見ず知らずの女性にマタニティマークを引きちぎられたといったケースもあったようです。
妊婦さんはすごい嫌われるのですね。

実際に友人も妊娠中初期はマタニティマークをつけて仕事に行っていたようですが電車のホームで後ろから押されて落ちそうになったようです。
マタニティマークが嫌われるとはいえ、さすがにそれはひどいですね。
違う友人は、そのように嫌われる事を恐れてマタニティマークは一切付けなかったようです。

いろんな人がいる

子どもを守れるのは自分自身です。
やはり妊娠初期は不安定な時期なのでつわりや貧血、下手をすると流産の恐れもあります。
嫌われるとはいえ、お腹があまり出ていないわかりにくい時期にこそマタニティマークは付けるべきだと思うのです。

やはり最近ではなかなか子供を授かることができない女性も多いのでマタニティマークを見ると嫉妬心から幸せアピールにも見えて攻撃的になってしまうのかも知れません。
そのような人も沢山いるという事は忘れないようにしましょう。

もちろん怖いことを言う人、嫌われるばかりではありません。
優しい言葉をかけてくれる方、気遣ってくれる方もいらっしゃいます。
そのような親切な方のお気持ちはありがたく受け取っていきましょう。

高齢出産の障害リスクを下げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2分脊椎(奇形児)予防にも葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防<します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

葉酸サプリのおすすめならこれで決まりです

ベルタ葉酸サプリ

国産・高品質な葉酸サプリならベルタ葉酸サプリです。不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け。

続けやすいリーズナブルな価格なのも人気の秘密です。