一人目の子育てが落ち着いて次は女の子がいいな・・・と思っている方が多いようで、私の周りのママさん達も今二人目を女の子に産み分け中なのだとか。
パパさん側からしても女の子は可愛いということで女の子の赤ちゃんが欲しくなるようで女の子の産み分けの成功率を気にされていたりしますね。

産み分け方法や成功率は様々だと思うのですが、女の子の産み分けの場合どのようにすれば成功率は高くなるのでしょうか?
私なりに調べてみることにしました。

成功率の高い産み分け方法とは?

もともと卵子はX染色体と決まっているので、受精する精子がXを持った精子か、Yをもった精子かについて性別が決まります。
そのため、女の子が欲しい方は、X精子で受精するようにします。
このX精子は酸性の環境に強いのが特徴です。

子宮環境を酸性に保つために女性があまり感じないよう刺激の少ない短時間の性交をするのが女の子の産み分けには良いとされています。
また酸性が強く保たれている排卵2日前に性交するのが女の子の産み分け成功率を上げるベストなタイミングなようです。

しかし排卵日2日前を推測するのがとても難しいですよね。
私も不規則な周期なので排卵日のズレがある為なかなか予測ができません。

もともと子宮環境のpH値には個人差がありますので、それほど酸性度が強くない人もいるでしょう。
そこで、膣内環境を酸性に保つのに使用されているのがピンクゼリーです。
ゼリーは、性交前に膣内に注入し使用します。
このようにピンクゼリーを使うことで膣内環境が酸性になるので女の子の産み分けの成功率がぐんとあがるようです。

基本的なことから成功率を上げる

そもそも産み分け自体は絶対とは言えませんし成功率も確実なものではありません。
産み分けの成功率自体を底上げするには、やはりなるべくストレスを避ける事、規則正しい生活をする事、排卵日を予測しやすい体調に整える事。
これらが前提になってくるかと思います。

女性側の場合は排卵日を正確に把握することが大切になってきますので食生活や睡眠を整え、ストレスを減らして規則的な安定した排卵を目指していきましょう。
食生活の見直しや、健康・体調管理はもちろん男性側にも言えることですね。

女の子の産み分けの成功率を上げたいならば夫婦で協力し合っていかなければなりませんね。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?