最近では希望の性別の子供が欲しいために産み分けする方がとても増えてきているようですね。
私の周りの知人の話を聞いていても、産み分けで女の子を産んだ、産み分けの勉強をしてから妊活に頑張りたいといった事をよく聞きます。
私には息子がいるのですが妊娠当時は産み分けといった知識や情報もなかったので産み分けが主流になっているのには少し驚きました。
産み分け方法はいくつかあるようなのですが、中国式の産み分けカレンダーはよく当たると噂を聞き気になったので調べてみることにしました。

一番簡単な産み分け方法?!

知人からの産み分け方法の話を聞いているなかで手軽そうだなと思った中国式の産み分けカレンダー。
この中国式産み分けカレンダーは、世界中の産み分けを希望される夫婦にとっては一般的な物となっているらしいです。

この中国式産み分けカレンダーは約700年前、王家の墓から発掘されたもののようでとても歴史のあるものなのだそうです。
なので中国式産み分けカレンダーはよく当たると評判らしくお医者様も参考にしているようです。

中国式産み分けカレンダーの仕組みとしましては数え年と受胎月からなっています。
その2つが重なり合うところで、赤ちゃんの性別を産み分けるというカレンダーになっています。
昔は太陰太陽暦が使用されていたのでこの中国式産み分けカレンダーを利用する場合は数え年と旧暦を使うということがポイントなるかと思います。

産み分け占いとして考えてみる

この中国式の産み分け方法、気になるのは的中率ですよね。
ネットで調べてみると中国では99%、アジア地域では90%、アメリカでも85%の的中率があると言われています。

ですがこの調査の出どころはわかりません。
何故、中国やアジア地区が特に高い的中率になっているのか、国ごとによって的中率が違っているのか、これらは科学的には証明されていません。
正直、中国式の産み分けカレンダーとなると、少し胡散臭い気もしてしまいますが…。
やはり産み分けを熱望している人からすると的中率の高い数字が出されていると、試してみたくなるのかもしれませんね。

実際知人の何人かは、中国式の産み分けカレンダーを試して当たった!と、気に入ってるようです。
私が思うに中国式産み分けカレンダーは、産み分け占いのようなものだと思います。
人によっては高確率なのかもしれませんが、産み分け自体100%確実なものではありませんし、産み分け方法のひとつとして、楽しみのひとつとして捉えるべきだと思います。

中国式産み分けカレンダーを見ながら男の子かな、女の子かな、どっちでも楽しみだねと、夫婦で仲良く産まれてくる未来の子供の話をしていくのが一番ですね。

高齢出産の障害リスクを下げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2分脊椎(奇形児)予防にも葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防<します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

葉酸サプリのおすすめならこれで決まりです

ベルタ葉酸サプリ

国産・高品質な葉酸サプリならベルタ葉酸サプリです。不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け。

続けやすいリーズナブルな価格なのも人気の秘密です。