待望の赤ちゃんを授かった時の喜びは、何にも変えられないものですよね。

そしてそれと同時に自然と芽生えてくる不安。
障害がなく五体満足に生めるだろうか…。
子供を持った多くの女性は、このような気持ちになった経験があるのではないでしょうか?

今は、出産の前にお腹の子供に障害などのリスクがないか調べる、出生前診断を受けることができます。
しかし、この検査を受けることにによって、安心して出産に臨める場合と出生前診断陽性の結果を受けて中絶を選択するケースが増えています。

出生前診断と障害と中絶、その背景にはどのようなものがあるのでしょうか?

出生前診断陽性になる確率とは?

2014年、新出生前診断を行っている病院グループが出生前診断陽性の確率についての発表をしました。
新出生前診断を行ってからの1年間、出生前診断を受けたのは7740人で妊婦さんの平均年齢は38歳でした。

そのうち、出生前診断陽性となったのは142人でその確率は約0,019%でした。
その結果を受けて、142人のうち113人が中絶することを選択しました。
その数は、出生前診断陽性の人の約8割にのぼります。

出生前診断には、羊水や絨毛、胎児の血液を調べる臍帯血検査などがあります。
その他には、母親の血液を調べるものや超音波検査などもあります。
そして、ダウン症の原因となっている染色体の異常や先天性の障害などは、主に羊水検査や新型出生前検査によって診断されます。

出生前診断陽性による中絶の背景とは?

「まさかお腹の子に障害などの異常があるわけがない…」出生前診断を受ける人は、誰もがそう思っているのではないのでしょうか?
そこに突きつけられる「出生前診断陽性」という現実。
その時の衝撃は、はかりしれないと思います。
そして最大の選択、中絶か出産か…。

出生前診断陽性という結果を受けて、1番に考えることは子供の将来でしょうか?
そして、障害のある子供を育てるという未知の苦悩や、世間の目なども中絶を選択する理由なのかもしれません。
しかし、「障害があっても育てるべきだったのではないか…」「障害ということに偏見をもちすぎていたのではないか」といった気持ちになり中絶をしたあとも子供に対する自責の念に苦しむ人もいると思います。

現在、日本ではダウン症や障害を持っている人が一生懸命生きているという現実があります。
また、それと同時に世の中の偏見などに苦しみ、社会的に生活をしていくことが難しいことも事実です。

これは、本当に実際にその立場になった人でなければわからない問題だと思います。
そして、これからもっと高齢出産する女性が増えていくことによって、これらの問題は日本の大きな課題となっていくのでしょう。
愛しい我が子を、中絶という形で失うことのない世の中になってほしいと心から思います。

高齢出産の障害リスクを下げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2分脊椎(奇形児)予防にも葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防<します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。







何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?