妊娠した際にやはり気になるのはお腹の中にいる赤ちゃんの様子や健康状態ですよね。
何か病気はしていないか、ダウン症なのかな…?等、お腹の中なので直接見えない分不安にもなりますね。

病院でもダウン症かどうか判断するための検査は行うのですがエコー写真によってダウン症の検査を行うことが可能なのです。
きっと多くの妊婦さんもこのエコー写真による検査を実際にやっているはずです。

エコー写真による検査

エコー写真とは超音波を当てることによって、妊婦のお腹の中の赤ちゃん様子、形を確認することができる超音波検査のことです。
エコー写真での検査ですとダウン症だけに限らずなんからの異常があった場合もわかりますね。

エコー写真検査によるダウン症の判断としてよく話題になるのはNTと呼ばれるものです。
NTとは後頭部に浮腫の有無を確認し腫れがある場合ダウン症の可能性を疑われます。

NTというのはリンパ液がたまって浮腫んでいる状態になるということだそうです。
またダウン症は一般的に鼻が低いとされておりこちらもエコー写真で確認する方法があります。
医師は赤ちゃんのNTの状態、妊婦の年齢などの判断材料からダウン症である可能性を考えます。

エコー写真の確実性は?

もしエコー写真で高い確率でダウン症の可能性があると判断された場合はさらに確実性の高い詳しい検査を実施することになります。
ダウン症なのかどうかを確定するにはエコー写真ではなく、胎児の細胞を直接採取して、遺伝子を見なければいけません。
主に絨毛検査、母体血清マーカー検査、羊水検査、新型出生前診断とこれらの検査から調べます。

結局エコー写真での検査にはやはり確実性がなく、その時の状態によってはダウン症の特徴に見られるような事がたまたまあるだけかも知れません。
エコー写真検査はあくまでもダウン症児の可能性があるかどうかを判断するための一つとして利用できるだけなのです。

授かった命ですから元気に生まれてきてほしいというのが親の願いですね。
ですがダウン症の子を授かる可能性は誰にでもあるのです。

赤ちゃんを授かる際にはダウン症に関する知識や検査に関する事ももっと知っておくべきだと思います。

高齢出産の障害リスクを下げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2分脊椎(奇形児)予防にも葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防<します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

葉酸サプリのおすすめならこれで決まりです

ベルタ葉酸サプリ

国産・高品質な葉酸サプリならベルタ葉酸サプリです。不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け。

続けやすいリーズナブルな価格なのも人気の秘密です。