今は産み分けをされている方がとても多いようで産み分けゼリーというものがあると知りビックリしました。
私もまた次の子供を産む際の参考にと使い方等を色々調べてみることにしました。

産み分けゼリーの効果について

妊娠したと判明すると、とても嬉しいですよね。
そこで、気になるのは胎児の性別です。
胎児の性別が分かるのは、だいたい5か月〜6か月くらいと言われています。

でも、実は受精したときには性別は確定しているのです。
精子には、X染色体とY染色体があります。
X染色体が受精したら、女の子であり、Y染色体が受精したら、男の子になります。

その染色体を有効に利用したのが、産み分けゼリーです。
産み分けゼリーには、2種類あります。
グリーンゼリーとピンクゼリーがあります。

男の子のを授かりたいと考えている場合は、グリンゼリーを使用すとる効果があります。
Y染色体は、アルカリ性に強い為、グリンゼリーを女性に膣内に注入してアルカリ性に保ちます。

女の子を授かりたいと考えている場合は、ピンクゼリーを使用すると効果があります。
X染色体は、酸性に強い為、ピンクゼリーを女性の膣内に注入して酸性を保ちます。

このように、精子によって男の子か女の子を授かるのかが決まります。
それぞれの染色体は、アルカリ性に弱かったり酸性に弱かったりするので、その特徴を把握しておきましょう。

産み分けゼリーの効果は、だいたい70%〜80%と言われています。
実際に産み分けゼリーを使用しても、効果を発揮できなくて、望んでいた性別を授からないということもあります。
可能性を広げるために、産み分けゼリーを使用すると良いと思います。

産み分けゼリーの成分について

産み分けゼリーを使用して、産み分けを行う夫婦も多くいます。
でも、使用するときは、女性の膣内に注入するので、どのような成分であるのか気になりますよね。
産み分けゼリーの成分は、体に悪いものではないので安心して下さい。

産み分けゼリーの成分について説明します。

・水

精製水

・ポリアクリル酸Na…

水分吸収率が高く、保湿を目的とした成分

・水溶性コラーゲン

…保湿力が高く、水に溶けやすい成分

・アロエベラ液汁

…液状の成分であり、皮膚の組織のコーティングを行う

・クエン酸

…ph値の調整を行う

・リン酸K

…保湿とphの調整のための配合

・リン酸2na

…酸性とアルカリ性を調整するために成分

産み分けゼリーの種類によっては、少し成分の量は異なります。
だが、体に悪影響を与える成分は入っていないので、副作用の心配もありません。
安心して、使用してみてくださいね。

産み分け方法に大事なのは膣内環境?

そもそも、男の子、女の子が産まれる環境というのがpHによって、Y精子=男の子、X精子=女の子の影響が生じます。
男の子の産み分けをしたい場合は排卵日当日に仲良しすることでY精子=男の子が有利となります。
排卵日2〜3日前なら女の子の産み分けに有利となり、それぞれの産み分けできる性別の確率が高くなると考えられています。

しかし女性が性的刺激を受けることにより子宮頚管からアルカリ性の粘液が出て膣内環境が変化する等、膣内環境を望み通りにコントロールできるわけではありません。
そこで、グリーンゼリー(男の子)、ピンクゼリー(女の子)という産み分けゼリーの使い方によって膣内環境pHのコントロールをする産み分け方法があるのです。
産み分けゼリーを知っている方は使い方が面倒だと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

産み分けゼリーの使用方法

産み分けゼリーの入手方法はネット通販や病院など様々なようですね。
産み分けゼリーの使い方など詳しく知りたい場合は病院の先生に聞くほうがいいかも知れません。

以下、産み分けゼリーの使い方がありましたので記述しておきます。

1.ゼリーを容器ごと温めて溶かす。

2.人肌で触れるぐらいの温度になったら注入。

3.注入後、5分ほど腰を高くして待つ。

このように産み分けゼリーの使い方の印象としては結構手間がかかりそうですね。
この手間がある分、旦那様の性的な気持ちも弱まってしまいそうな気もしますね…。

産み分けゼリーの使い方をマスターしタイミングと合わせてうまく使いこなせれば産み分けに成功する確率も高くなるそうです。

いずれにしても、産み分けゼリーを使ったからといって確実に希望通りの性別の子が産まれるとは限りません。
産み分けゼリーを使う場合、使い方含めて、どうしても旦那様の協力が不可欠です。
産み分けセリーを買うことも金銭的な面でも負担が大きいでしょう。

産み分けの効果は、実際にあるので試してみても良いと思います。
もし、効果が表れなくても、大切に赤ちゃんを育ててあげてくださいね。

使用するかどうか、夫婦でしっかりと話合う必要があると思います。
もし必要だと夫婦で感じたのなら一緒に使い方をマスターして仲良く取り組めるといいですね。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?