先日、産婦人科の先生に最近は40代の方の出産が増えていると聞きました。
40代で妊活される方が多いということですね。

しかし、40代での妊活はいろいろと気をつけなければなりません。
まず、40代では妊娠率がかなり低下してしまっています。
そして、妊娠適齢期を大幅に上回ってしまっているため、時間が限られているということです。

そんな40代の方のための妊活のポイントをご紹介いたします。

妊娠力の衰えを阻止する

40代になると若い頃に比べて、色々な面で妊娠する力が衰えてきます。
40代で自然妊娠できる確率は1周期当たり5%だといわれています。
体外受精ですら、10%です。

40代での妊活は、妊娠する力を衰えさせないために様々な努力が必要です。

体外受精を何度も行ってきた私ですら、卵巣機能の低下や、卵子の老化という言葉は最近になって知りました。
もっと早く知りたかった!!という人は意外と多いのです。
まずは、妊娠力を低下させない、低下する速度を抑える努力をしましょう。

妊娠力を低下させないためには?

生活習慣や食習慣によって卵子の老化が早まったりします。
喫煙やストレス、睡眠不足、冷えなどは大敵です。
できるだけそういった要因を取り除きましょう。

また、レーザー治療やサプリメントなどによって卵子の質を上げる治療を行っている病院もあるので、そういった病院を探して、卵子の質を少しでもあげておきましょう。

不妊治療の準備

40代での妊活は、自然妊娠はなかなかできない場合が多いので、早めに不妊治療を行っている病院に通院して相談しておくとよいでしょう。
時間が限られているので、できるだけ効率的に受診するために、いくつかのポイントがあります。

・基礎体温をつけておくこと
不妊治療の基本は基礎体温です。これをつけないことには、何もわかりません。
数周期分のデータがあれば医師も判断しやすいでしょう。

・夫婦共に検査を受けること
不妊の原因は男性も女性もほぼ同じ割合です。
若いうちであれば、先に女性だけが通い、結果が出なければご主人が検査をするということもありますが、精液検査はすぐにできる検査で費用も高くありません。
無駄な時間を過ごすよりも夫婦共に検査を受けて、不妊の原因をできるだけ早く取り除きましょう。

・出来る限りの検査を受けること
不妊治療の検査はたくさんあります。
ほとんどの検査が保険適用外で高額なものは夫婦で10万円を超えるものもあります。
しかし、何か原因があって、何度体外受精を繰り返しても妊娠しなくて、無駄に時間とお金を使うよりは、先に検査でできるだけ不妊要因を取り除いておくと安心です。

すべての検査を受けるのがベターですが、高額になりますので、なかなかそうもいきません。
主治医にどの検査を受けるとよいかを相談して、効率よく治療していくのが賢明です。

スムーズな妊活を

40代での妊活は、時間が限られているので大変です。
できる限りの努力をして、早めに妊娠することが大切です。
費用も時間も抑えるためには、効率的に動かなければなりません。

また、40代を過ぎて妊娠すると帝王切開を勧められることが多いのです。
帝王切開になると出産にもかなりの費用がかかってしまいます。
医療保険に入っておられない場合は帝王切開でも保険がおりるので、早めに医療保険に入っておくことをおすすめします。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?