妊娠中に気をつけたい病気の1つに、風疹があります。
風疹はワクチンがあり予防できる病気でもあります。
しかし、妊娠していることに気づかず風疹のワクチンを接種してしまうということもあるようです。

妊娠中に風疹ワクチンを接種することは危険なのでしょうか?

妊娠中の風疹ワクチン接種が危険な理由

風疹ワクチンは、妊娠中に接種しないように言われています。
また、接種後2ヶ月は妊娠しないように注意させる必要があるようです。

なぜかと言うと、ワクチンは弱毒化した風疹ウイルスを接種することになります。
弱毒化しているとはいえ、体内に風疹のウイルスを取り込むので胎児への感染リスクがゼロだとは言い切れないのです。

つまり、妊娠中に風疹ワクチンを接種することで胎児の発育への影響があり得る、と考えられるのです。

妊娠中の風疹ワクチン接種によるリスクはどのくらい?

妊娠中の風疹ワクチン接種や、接種後2ヶ月の妊娠に注意換気がなされていますが、妊婦さんに風疹ワクチンを接種してしまったという事例は少なくありません。
日本だけではなく海外でも報告は多いようです。

ですが現時点では、妊娠中の風疹ワクチン接種により赤ちゃんに先天性風疹症候群がみられたという例はないようです。
海外でも同じです。

この現状に対して厚労省は、風疹ワクチンによる先天性風疹症候群は発生していないが必ずしも発生しないとは言い切れない、という発表をしています。

当然ですが、風疹ワクチンの接種の前に妊娠していないことをしっかり確認しておかないといけません。
ですが、厚労省は、風疹ワクチンを接種してしまったからといって、先天性風疹症候群をおそれて人工中絶を考慮する必要はない、とも発表しています。

もし風疹ワクチン接種後に妊娠がわかった場合は、早急に医師に報告するようにしましょう。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?