昔と違って、女性の社会進出によって初婚年齢が上がり30代後半でのいわゆる「高齢妊娠・出産」する人も多くなってきました。
また、結婚や出産をしても仕事を続ける人が増えてきました。

ですが、30代後半の妊娠や出産はリスクも少なくありません。
仕事を続けていればなおさらです。

そこで、自分自身も赤ちゃんも大切にしながら、仕事も出産も安全に迎えるために注意すべきことをいくつかあげたいと思います。

30代後半の妊娠のリスク

30代後半の妊娠・出産は、仕事をしていなくてもリスクが高いものだということをしっかり理解しておきましょう。
妊娠高血圧症候群や流早産、赤ちゃんの先天異常のリスクも高まります。

もちろん、全ての人に当てはまるわけではありませんが30代後半で、さらには仕事をしているとなると母体のストレスや疲労は増していきます。
また、30代後半であれば職場でも重要な役職についていることもあるかもしれません。
そういった人は、自分の体調が悪くてもなかなか仕事を休んだり人に任せたりすることができない時もあるでしょう。

こういった母体へのストレスや疲労が、妊娠中の母体にも赤ちゃんにも悪影響を及ぼす可能性はじゅうぶん考えられます。

家族や職場の協力が得られるか?

妊娠や出産、また産後の復帰のことも考えると、何かあったときに家族に協力してもらえるかどうかは確認しておく必要があります。
妊娠中の体調不良だけでなく、産後の家事や育児の協力などについて考えてみましょう。
30代後半であれば、経済的・精神的には20代よりも安定していると思いますので、家事代行や産後には託児施設を上手に利用する方法もあると思います。

職場でも、体力仕事や長時間勤務が多い場合は仕事内容を替えてもらうことが可能か相談しておく必要があるでしょう。
上司が男性だと、いろいろ気を遣って話しにくい内容かもしれませんが、職場の人にも迷惑になってしまいますので早めに相談・報告しましょう。

妊娠や出産の経過は個人差が大きいです。
出産に伴う不安や、仕事をしながらの妊娠のリスクには30代後半だとか20代だからといった年齢問わずあるものです。
30代後半での妊娠のリスクを理解し、予防できることや周囲の協力体制を確認しておくことで安全に出産を迎えられるのではないかと思います。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?