風疹は、妊娠中に感染するとお腹の赤ちゃんにさまざまな障害が出る可能性があります。
これを先天性風疹症候群といいます。
今回は先天性風疹症候群によりどのような障害のリスクがあるのかについてお話しします。

先天性風疹症候群とは?

妊娠中に風疹に感染することでお腹の赤ちゃんも風疹のウイルスの影響を受けてしまうのです。
これにより、赤ちゃんが障害をもって産まれてきます。
こういった赤ちゃんの障害のことを先天性風疹症候群と呼びます。

赤ちゃんの障害の主なものは、心臓、目、聴覚に出ると言われています。
ですが程度や症状は、個人によって大きく異なります。

心臓の障害でも軽度であれば自然治癒するものもあるようですし、視力の障害についても手術で治癒する場合もあるようです。

妊娠中、風疹の感染に注意すべき時期

妊娠中の風疹感染とは言え、赤ちゃんに障害を及ぼす危険な時期があります。
それは、妊娠初期~中期にかけておよそ妊娠4週~16週です。

この期間は、赤ちゃんがさまざまな体の器官を形成している時期です。
そのため、この時期に風疹に感染することにより障害がでるのです。
感染の時期が早期であればリスクは高くなり、妊娠20週以降の感染であればほとんど問題はないと考えられるようです。

お腹の赤ちゃんに障害がでる確率は??

妊娠中に風疹に感染しても、お腹の赤ちゃんに感染が及ぶのは約1/3というデータがあります。
またその風疹に感染したお腹の赤ちゃんに、障害がおこる可能性は約1/3です。

もちろん感染した時期によって確率に多少の差はありますが、妊娠中に風疹感染をしたら必ずしも赤ちゃんに障害が起こるということではないということです。

もし赤ちゃんが風疹ウイルスに感染しているかどうか調べるには、羊水の検査により調べることができます。
羊水検査はどこの病院でもできるわけではなく、風疹感染に関しては相談窓口となっている十数ヶ所の病院に相談する必要があります。

妊娠中の風疹予防接種は受けて良い?

小さいときに、予防接種を受けますよね。
その中に、風疹の予防接種も受けていると思いますが、成人になると抗体が低下してくることがあります。
抗体が低下していると、再度予防接種を受けたら良いのですが、妊娠中であると簡単に受けることが出来ません。

もし、妊娠中に風疹にかかってしまうと、胎盤を通って胎児にも感染させてしまいます。
胎児に感染してしまうと、先天性症候群を引き起こしてしまう可能性があります。
先天性症候群を引き起こしてしまうと、胎児が先天性心疾患や視覚・聴覚障害になってしまう可能性が高いです。

特に、妊娠12週までに風疹に罹ってしまうと、90%の胎児が感染してしまうと言われています。
妊娠18週を過ぎると、40%まで低下しますが、怖いですよね。

女性の方で妊娠を望む場合は、1度風疹の抗体があるのかを調べることが大切です。
もし、抗体が低下している場合は、そのときに予防接種を受けて下さいね。

妊娠中に風疹の抗体が低いことが分かった場合でも、風疹の予防接種を受けることができないことが多いです。
妊娠中に風疹予防接種を受けたことで、胎児に障害などの問題が起きたことはないです。
だが、必ずしも障害などの問題が起きないと論理的に説明をすることはできません。

風疹の予防接種は、妊娠中に受けるのではなく妊娠前に受けることがおすすめです。

風疹予防接種の費用相場は?

成人になって、予防接種を受ける機会は少なくなりますよね。
実際には、どのくらいの費用が掛かるのか気になります。

風疹の予防接種の費用は、だいたい7000円程です。
医療機関によって異なることがありますが、1度問い合わせてみて下さいね。

予防接種を受けるのは、女性だけと考えがちになりますが、パートナーも予防接種を受けることが必要になります。
パートナーも風疹の抗体を調べてもらい、低い場合は風疹の予防接種を受けましょう。
1番身近であるので、女性の方に感染させてしまう可能性があるので注意してください。

まとめ

妊娠中に風疹に感染してしまうと、胎児に感染させてしまうので注意しなければいけません。
その為には、自分自身には抗体がきちんとあるのかを知ることが大切です。
妊娠を望んでいる場合は、早めに抗体の検査を行って、予防接種を行うようにしましょう。

妊娠中であっても、予備接種を受けても胎児には問題ないと言われていますが、根拠がないのは事実です。
少しでも不安が出てきてしまう前に、早めの予防接種をおすすめします。

また、パートナーもしっかりと抗体を調べて予防接種を受けるようにしましょう。
安心して、妊娠生活が送れるようにして下さいね。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?