昔から呼ばれている「妊娠中毒症」という名前には慣れていると思いますが、「妊娠高血圧症候群」と言われてもピンとこない人も多いと思います。

2005年に妊娠中毒症は妊娠高血圧症候群という名前に変わったのですが、なぜ変わったのか?ということを中心にお話していきます。

妊娠中毒症とは?

妊娠中毒症は、妊娠中に「高血圧」「蛋白尿」「むくみ」このどれか1つの症状がでてくる状態のことでした。

この3つの症状は胎児や胎盤から出てくる物質により、母体の状態が正常でなくなると考えられていました。
また、悪化すると母子ともに危険な状態になる可能性がありました。

しかし、妊娠が終わることで症状も軽くなることから、「妊娠中毒症」という名前がついたと言われています。

妊娠高血圧症候群という名前になった理由

妊娠中毒症の症状でもあった「高血圧」「蛋白尿」「むくみ」の中でも、母体と胎児に異常が起こる可能性が高くなるのは、「高血圧」だけだと考えられるようになりました。

そのため、高血圧に伴う症状という意味で「妊娠高血圧症候群」という名前になったようです。

高血圧となるはっきりとした原因はまだわかっていません。

可能性としては、妊娠に伴う血流量の変化に母体が適応できなかったり、胎盤形成不全といったことが原因として考えられているようです。

妊娠高血圧症候群の症状と治療

妊娠高血圧症候群は、妊娠後期に高血圧に関連する症状がでてきます。

ですので妊娠中毒症と同じく、高血圧、蛋白尿、むくみが主な症状となっています。

ですが、妊婦さんの多くはむくみ症状がでてきますので、むくみだけでは妊娠高血圧症候群とは診断できません。これが妊娠中毒症と妊娠高血圧症候群との違いでもあります。

また、自覚症状が乏しいので、妊婦健診で異常が見つかるまで自分では気づかないことも多いようです。

治療として大切なのは、安静です。
入院治療となる場合もありますが、軽度であれば食事カロリー制限や塩分で制限のみで治療することもあります。

妊娠高血圧症候群は、妊娠中毒症と同じく産後は症状がよくなっていきます。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?