高齢出産とは、35歳以上で初めて出産する場合のことだと定義されています。
ですが、初産でなくとも35歳以上になると妊娠や出産にはリスクが高くなります。

また、高齢出産の場合帝王切開の確率も高くなると言われています。

今回は高齢出産と帝王切開についてお話しします。

高齢出産は難産?

高齢出産は難産というイメージを持っている人もいると思います。

出産の時に体力がもたず、お産の時間が長くなると母体にも赤ちゃんにも負担が大きくなります。

なかなか子宮口が開かないことも、お産の時間が長くなる原因です。

高齢になると、体力や持久力が比較的落ちてきます。
また、子宮頸部がかたくなり子宮口が広がりにくくなってきます。

こういった状況から、高齢出産は難産となりやすいと言われています。

難産となると、母体にも赤ちゃんにも負担が大きく危険な状況にもなりかねないので、それを回避するためにも帝王切開を選ぶ場合が多くなっているようです。

ですが、もちろん個人差があることです。
高齢出産だからといって、全員がこういった状況であるとは限りません。

高齢出産での帝王切開の確率は高い?

20代の場合は19.5%であるのに対して、35歳以上の場合は44.8%と帝王切開率は高齢出産にかなり高いということがわかります。
35歳以上の出産の約半数は帝王切開ということになります。

そして年々、帝王切開率は高くなってきています。

さらに高齢出産の場合、あらかじめ帝王切開を予定している場合よりも緊急帝王切開となることが2倍多いとも言われています。

これは産道や母体の問題だけでなく、赤ちゃんの異常から緊急帝王切開となる場合も多いようです。

帝王切開に不安を感じる人、逆に帝王切開の方が安心できると言う人、それぞれだと思います。

ですが、自然分娩でも帝王切開でもリスクがないわけではありません。

メリットやデメリットなどはしっかりと説明を受け、母子ともに負担が少なく安心して出産に臨めるよう準備をしておくことが大切です。

高齢出産の障害リスクを下げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2分脊椎(奇形児)予防にも葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防<します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

葉酸サプリのおすすめならこれで決まりです

ベルタ葉酸サプリ

国産・高品質な葉酸サプリならベルタ葉酸サプリです。不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け。

続けやすいリーズナブルな価格なのも人気の秘密です。