ひと昔前までは妊娠中毒症と呼ばれていましたが、2005年から妊娠高血圧症候群と呼ばれるようになりました。

まだ馴染みがないという人も多いかもしれませんが、妊娠中の高血圧に伴うさまざまな症状が出る状態を妊娠高血圧症候群と呼びます。

重症化すると、母子ともに危険な状態となるため帝王切開になるのでは?と不安になる人も多いと思います。

そこで、妊娠高血圧症候群と帝王切開、についてお話しします。

妊娠高血圧症候群とは?

妊娠高血圧症候群とは、主に妊娠20週以降の時期に発症するものです。

高血圧だけでなく蛋白尿、むくみなどの症状が現れます。

明らかな原因は不明ですが、35歳以上、初産婦、肥満体型といった妊婦が妊娠高血圧症候群になりやすいと言われています。

軽度であれば、食事療法や塩分制限のみで治療し、重症となれば血圧を下げる薬を内服する場合もあります。

妊娠高血圧症候群の影響は?

重症の場合は、赤ちゃんに栄養がしっかりゆきわたらず赤ちゃんの発育不全や低出生体重児となる場合があります。

妊娠後期に発症しましすので、もし子宮収縮が起こってしまったら胎児の心拍に異常が起こることも考えられるので、そういった場合は帝王切開をして胎児を早く取り出す必要もでてきます。

妊娠高血圧症候群になると帝王切開になる?

さきほども書きましたが、帝王切開となる場合は緊急で胎児を取り出さなければ危険な状況である場合です。

重症であっても、必ずしも帝王切開になるとは限らないということです。

医学的には、妊娠高血圧症候群の重症度、赤ちゃんの状態(週数など)で自然分娩か帝王切開かを担当医師が判断します。

それだけでなく、病院の体制(夜間や休日の医療スタッフの人数)も考慮されます。

重症度が同じ妊婦さんであっても、病院の体制や方針によっても帝王切開となるかどうかは異なってくるのです。

自然分娩の途中で異常があれば、帝王切開に切り替えるという場合もあります。

帝王切開は母体へのリスクはありますが赤ちゃんへのリスクは下がります。
自然分娩か帝王切開かについては、しっかり担当医師と相談してお産を迎えることが大切です。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?