高齢出産の増加に伴い、ダウン症候群等の染色体異常を持った赤ちゃんが産まれる確率が年々増加してきています。同時に出生前診断を選択する妊婦も増え、日本ではそのあり方や問題がよくニュース等で取り上げられるようになりました。

今回は、日本と諸外国での出生前診断の実情を調べてみました。

出生前診断とは?

妊娠初期に、ダウン症候群等の胎児の染色体異常を調べる検査の総称を「出生前診断」といいます。日本では大きく分けて5種類の出生前診断が知られていますが、それぞれメリット・デメリットがあり、どの検査を選択するのかは夫婦の状況により様々です。

イギリス

妊婦全員が受けるよう指導されています。ダウン症陽性と判定された9割の妊婦が中絶を選択しており(2011年)、またその後のカウンセリングやサポート体制も整っています。

フランス

事前の遺伝カウンセリングが必須であるが、中絶時等のサポート体制が整っています。妊婦全員が受けるよう指導され、費用も全て政府負担です。

アメリカ

最新の出生前診断である新型出生前診断が2012年に始まって以来、ダウン症関連団体を中心に急速に批判が広まっているようです。しかしながら、個人主義が徹底しているアメリカでは出生前診断の制度は日本より整備されており、多くの妊婦が出生前診断を選択しています。

ドイツ

一般的に普及しており費用は全て政府負担です。ダウン症等障害児の出産を選択した妊婦、また中絶を選択した妊婦、共にしっかりとカウンセリングが受けられサポート体制も整っています。

日本

日本では遺伝カウンセラーとの面接が必須な病院や、積極的に出生前診断の情報提供をしない医師がいる等施設により様々です。それでも一般的に行われている超音波検査の精度向上により、羊水検査や新型出生前診断を行わなくても異常を発見できる可能性は高まってきています。

おわりに

当初日本では、出生前診断とは胎児の病気や障害を早期発見し、治療をいち早く行う事を目的としていました。しかしながら、現在は「ダウン症候群発見」の検査となっており、「命の選択」という「倫理」の観点で簡単には受けられない検査です。出生前診断の検査結果が陽性と判断されて中絶を選択する事は母体にかかる負担も大きいばかりか、精神的に辛く、その後の夫婦のあり方も変わってきてしまう事も多々見受けられます。

安易に検査を受けず、出生前診断の必要性をしっかり見極め、遺伝カウンセラーや医師としっかり話し合いをし検査に望むようにしましょう。

高齢出産の障害リスクを下げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2分脊椎(奇形児)予防にも葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防<します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。







何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?