日本ではまだ聞きなれない無痛分娩ですが、海外では一般的に行われています。

今回は無痛分娩についての簡単な説明と、日本と海外における無痛分娩についての現状の違いを調べてみました。

無痛分娩とは?

無痛分娩とはいわゆる痛みを抑えて行う出産方法です。日本では背中に打つ硬膜外麻酔による無痛分娩が一般的ですが、海外では実際色々な方法が行われています。
– 水中出産: いわゆる水中での出産
– 笑気ガス: 亜酸化窒素と酸素とのガス混合物を吸入
– 筋肉注射: 太ももやお尻に痛み止めを注射
– TENS:  背中に電極が付いたパッドを貼り付け、微弱電流を流す
– 硬膜外麻酔: 部分麻酔と強い痛みどめ等の混合薬を背中の硬膜外腔に注入

方法によって痛みはほとんどありませんが、感覚や意識ははっきり残っており、いきむことも必要となってきます。

日本での出産事情

日本で無痛分娩が広まらない理由はいくつかありますが、日本ではどうしても「痛みを乗り越えてこそ母になれる」「痛みを知ってこそ愛情が生まれる」という考えが根強く残っており、病院でも自然分娩を勧められる事がほとんどです。

また、海外に比べ専門の麻酔科医が不足している、費用が高くなるという事も理由に挙げられます。

海外での出産事情

海外では「痛みをなくす事ができるのであればなくしたい」という考えが根底にあります。また、極度の痛みによるパニックの発症を抑えられ、出産後の体調回復が早い等のメリットも大きな理由の一つです。

国により違いがありますが、フランスでは90%、アメリカでも70%以上等、欧米先進国では80%以上の妊婦が無痛分娩を選択しています。それに比べ、日本での普及率は3%といわれています。

おわりに

無痛分娩も様々です。麻酔を使わなくても、出産について学び、分娩の過程や出産時のトラブル等事前にわかっているだけでも、恐怖やストレスが軽減される事が多々あります。

しかしながら、希望される妊婦さんは、デメリットやメリット等をしっかり理解し、医師や助産婦と相談しながら、信頼できる病院を選んで下さい。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?