近年、高齢出産の数が右肩上がりに増えてきています。女性の社会進出が増え晩婚化が進んでいるという状況や経済的な理由等理由は様々です。

医学の向上により、高齢出産でのトラブルはかなり防げるようになりましたが、高齢になるにつれ体力的に厳しくなることは事実です。しかしながら、無痛分娩が産後の体力の回復が早いとして、高齢出産の妊婦らの間で関心が高まってきています。

今回は高齢出産と無痛分娩について調べてみました。

高齢出産のリスク

高齢出産とは女性が35歳以上で出産をする事と、日本産婦人科学会で定義されています。高齢になるにつれ、トラブルが出てくるのは承知の上ですが、実際高齢出産でのリスクとは何でしょうか?

– ダウン症候群等の染色体異常
– 自然流産率が高い
– 妊娠高血圧症候群
– 子宮口硬く開きにくいので、分娩が長引く
– 出産中の体力の消耗により緊急帝王切開を余儀なくされる
– 分娩に時間がかかると、赤ちゃんにも大きな負担がかかる
– 出産中の疲労による子育てへの体力的や精神的な影響

無痛分娩とは?

日本ではまだ馴染みの少ない無痛分娩ですが、欧米諸国ではごく一般的な出産方法です。麻酔で痛みを抑えながら出産する方法ですが、感覚や意識は残っており、赤ちゃん誕生の瞬間の感覚を体感することも、またいきむ事も可能です。

もちろんデメリットも報告されていますが、痛みから解放されることで妊婦が精神的にも体力的にもリラックスしながら出産に望むことができるというメリットもあります。

おわりに

「痛みに耐える利点は特にない」という考えが根底にある欧米諸国に比べ、「痛みに耐えてこそ母親」という美徳が未だに残っている日本では、無痛分娩はなかなか浸透していません。

しかしながら、無痛分娩は産後の回復が早く、体力に不安を感じる高齢出産の妊婦だけでなく、体力を温存し社会復帰を早めたい働く女性の間でも希望者が増えています。また、ストレスのないお産は母乳の出も良くなるという研究結果も出ています。

出産は年齢を問わず、危険がつきものです。医師や助産婦と相談しながら自分にあった出産方法を選び、それにむけてしっかりと備えておきましょう。

高齢出産の障害リスクを下げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2分脊椎(奇形児)予防にも葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防<します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。







何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?