妊娠前は貧血とは縁がなかった人も、妊娠中に貧血となる人もたくさんいます。

なぜかと言うと、妊娠するとお腹の赤ちゃんに栄養を運ぶために血液量が増えます。
一方、赤血球も増えていくのですが血液量ほども増えません。

血液量に対して赤血球の割合が減少するため、妊娠中の貧血が起こるのです。

特に妊娠中期は、お腹も膨らみ始める頃で赤ちゃんも大きくなってきますので、ますます栄養が必要となってきます。
その反面、貧血にもなりやすい状況です。

そこで、妊娠中期に貧血と診断された時にどうすればよいかについて紹介します。

貧血はなぜ悪い?

まず、妊娠中の貧血がなぜ悪いのかを説明していきます。

軽い貧血の場合は、赤ちゃんに大きな影響をおよぼしていることはありません。
ですが貧血が悪化すると、赤ちゃんがしっかり発育できません。
栄養や酸素が赤ちゃんにしっかり送られないと、未熟児となってしまうなどのさまざまな影響があります。

妊娠中期以降は未熟児や奇形のリスクは下がりますが、低体重出生児となるリスクは上がると言われています。

このような悪影響があるため、貧血はしっかり対処しないといけません。

妊娠中期の貧血の対処法

妊娠中期以降の貧血には、鉄剤の内服薬で治療する場合が多いです。

内服薬で、早急に貧血の治療をする事が妊娠中期以降には必要となるからです。

しかし、鉄剤の内服によって便秘や吐き気などの副作用が起こる場合があります。
妊娠中期のお腹が大きくなる時期、こういった副作用はつらいものです。
もし副作用が強い場合は医師に相談してみましょう。

内服薬での治療が大切ではありますが、食材から意識的に鉄分を摂る事も大切です。

鉄分はヘム鉄と非ヘム鉄とに分けられます。
ヘム鉄はレバーや魚に含まれる動物性のもの、非ヘム鉄は海藻や野菜に含まれる植物性のものです。
この両方の鉄分をバランスよく摂取する事が貧血には効果的です。

また、鉄分と一緒にビタミンCやタンパク質と一緒に摂取すると吸収がよくなります。

妊娠中期からは、赤ちゃんも栄養がたくさん必要になってきます。
そのため、摂った栄養がどんどん赤ちゃんに送られます。

妊娠中期以降の食生活は赤ちゃんに直結しています。
食生活の改善や内服治療できっちり貧血を改善しましょう。

高齢出産の障害リスクを下げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2分脊椎(奇形児)予防にも葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防<します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

葉酸サプリのおすすめならこれで決まりです

ベルタ葉酸サプリ

国産・高品質な葉酸サプリならベルタ葉酸サプリです。不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け。

続けやすいリーズナブルな価格なのも人気の秘密です。