妊娠初期から一度も貧血と言われた事がなくても、妊娠後期でいきなり貧血と診断されることがあります。

出産間近の貧血。
つわりや立ちくらみに体が慣れてしまって、あまり深刻に考えない人もいるかもしれません。

ですが、妊娠後期の出産間近での貧血は出産時のトラブルにつながる可能性もあります。

そこで、妊娠後期の貧血について予防や対策を紹介します。

妊娠後期の貧血は出産にも悪影響が

妊娠後期の貧血は、出産の時にどのようなトラブルとなるのかを説明します。

陣痛のの際に、微弱陣痛となったりお産の時間が長引いたりします。
これは貧血による体力の低下から、起こりやすくなると言われています。

また、産後の回復も遅くなってしまいます。
出産で大量出血してしまうと、回復も遅くなってしまいます。

当然、お産が長引くと赤ちゃんにも影響が出てしまいます。

このように妊娠後期での貧血は、母体にも赤ちゃんにも大きな影響を与えるのでしっかり治療しなければいけません。

定期的に妊婦健診を受けて貧血の早期治療を

妊婦健診は定期的に受けましょう。

毎回ではありませんが、健診時に採血があるので貧血かどうか調べることができます。
貧血だけではなく、何か異常があった時の早期発見や治療にもつながりますので定期的に妊婦検診は受けるようにしましょう。

妊娠後期の貧血の治療としては薬を処方される場合が多いですが、副作用もあり飲むことが出来ない人もいると思います。

その時は、飲むのを勝手に止めずに医師と相談してみましょう。

食事から鉄分の摂取を

妊娠中に体重を増やしたくないあまり、栄養が不足している人も少なくありません。

妊娠中のダイエットは危険です。
鉄分の摂取を中心にバランスのよい食事を心がけましょう。

特に妊娠後期は、体重も増えやすくなってくる時期です。
ですが、昆布やひじきなどの海草類は鉄分だけでなく食物繊維も豊富なので妊娠中の便秘にも効果的です。
少量で満腹感も得られるので、体重を気にする妊婦さんにはピッタリの食材です。

ドライフルーツも同じく鉄分や食物繊維が豊富ですが、糖分が多いため摂り過ぎには注意しましょう。

サプリメントを利用する人もいると思いますが、あくまで補助的に摂取しましょう。
サプリメントだけでは効果的に栄養素を吸収できませんので、しっかりと食事を摂った上でサプリメントを摂取するように心がけてください。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?