妊娠中に貧血が起こる人は3~4割とも言われています。
妊娠初期に起こる重度の貧血は、胎児の成長にも大きな影響を与えます。

しかし軽度の貧血でも、頭痛や立ちくらみの症状が出る人もいると思います。
特にめまいや立ちくらみなどの症状は、転倒する可能性もあり危険です。

そこで妊娠初期の貧血によるめまいの対処法について紹介します。

まずは安静に

立ちくらみやめまいが起こった場合には、まずは安静にする事が大切です。
座ったり横になって落ち着くまで待ちましょう。

ふらついた時に転倒したりつまづいたりすると危険ですので、無理せず行動しましょう。

めまいの症状が普段からある人は、時間に余裕を持って行動しましょう。
少し早めに出かけることで、途中で休憩しながら目的地まで行くことができますね。

妊娠前から貧血気味の人は、妊娠初期から貧血になりやすいですので注意しておきましょう。

つわりがある場合

妊娠初期の場合、貧血だけでなくつわりの症状が強い人も多いと思います。

つわりがあると生活リズムや食生活が乱れがちですし、それにより自律神経も乱れます。
自律神経の乱れが脳貧血を引き起こし、めまいを感じる事もあります。

妊娠初期につわりがある場合は、リラックスして過ごす事や睡眠をしっかりとる事もめまいや立ちくらみの軽減につながります。

妊娠初期の貧血は、食事により改善できる事が多いです。
貧血と言えば、鉄分の摂取というイメージだと思いますが、さまざまな栄養素をバランスよく摂る事で鉄分の吸収率も高くなります。

例えば貧血には鉄分が必要ですが、ビタミンCやタンパク質と一緒に摂取する事で吸収がよくなります。

ですが、食生活を改善してもすぐに効果が現れるわけではありません。
また、継続していないと鉄分が不足してまた症状が出てきます。

妊娠初期からバランスのよい食事を摂るように意識しましょう。

高齢出産の障害リスクを下げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2分脊椎(奇形児)予防にも葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防<します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

葉酸サプリのおすすめならこれで決まりです

ベルタ葉酸サプリ

国産・高品質な葉酸サプリならベルタ葉酸サプリです。不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け。

続けやすいリーズナブルな価格なのも人気の秘密です。