つわりには個人差があり、つわりがない妊婦さんもいますが、つわりは本当につらいです。
嗅覚が鋭くなる人もいるし、まったく食べ物を受け付けない人もいます。

つわり軽減になる食べ物があると知ったら、どうしますか?
つわり軽減効果がちょっとあれば試したいですよね。

つわり軽減には、ビタミンB6を含む食べ物が最強!

ビタミンB6はつわり軽減するために点滴などに含まれており、広く使われています。
なぜ効果があるのかはまだ詳しくは解明されていないようですが、妊婦の6割には効果があったという実験結果もあるそうです。

つわり軽減のため、長期にわたって使用されており、妊娠中に服用しても大丈夫と言われています。
通常のつわり軽減よりも、妊娠悪阻などの重症のつわり軽減のほうに効果が見られやすいとのことです。

また、ビタミンB6がつわりに効果がないという説もあり、医学的解明の立証はまだまだ先のようです。
ビタミンB6は多少大目に摂取しても胎児に影響がないと言われているので、そこは安心ですよね。

まあ、つわり自体、まだメカニズムがはっきりしないので、効果も個人差があるようです。
ただ、ビタミンB6を含む食べ物はつわり軽減には一定の効果がでやすいと言われています。

つわり軽減のために、効果的にビタミンB6を含む食べ物を摂取するには?

ビタミンB6を含む食べ物には、玄米、レバー、にんにく、あおのり、いわし、サンマ、ゴマなどたくさんあります。
豚肉、ブロッコリー、あさりなどにもビタミンB6は含まれているので、温野菜や湯通しして食べやすくするといいかもしれませんね。

あくまでつわり中は自分が食べれる食べ物だけを食べたほうがいいので、食べれる方法を工夫して摂取するといいでしょう。
食べられなかったといって必要以上に自分を責めないでくださいね。

ビタミンB6ですべてのつわりが改善していません。
あくまでつわり軽減効果なので、あとはじっと耐えるしかないところがつらいところです。

わたしはつわり中は水とピーナッツの砂糖掛け、ゼリー、そして揚げ物はなんとか食べれました。
ピーナッツにはビタミンB6が含まれているため、結構食べていました。

一人目妊娠中はつわりひどくて、水を飲むのもつらく、食べ物は食べては吐きの繰り返しでした。
でも、二人目妊娠中は一人目ほどは辛くなかったと思います。

それがピーナッツのせいなのかはわかりませんが、わたしにはつわり軽減の効果はあったようです。
つわり中は無理に赤ちゃんの分まで食べなくても大丈夫。

逆にストレスを感じたり、無理やり食べてしまうことで吐き気が強くなったりします。
体調に合わせて、1回の食事量を少なくして食べる回数を増やすなど、無理のない食事を心がけてくださいね。

つわり中は体力が低下しがちなので水分補給も大切

食べれるうちに食べ物を胃の中にいれることも大切ですが、水分が失われがちなこの時期。
水分補給も大切です。

野菜スムージーなどにして飲んでもいいでしょう。
ビタミンも含まれているので、飲みやすいと思います。

水しかダメというなら、レモン汁を垂らすなどの工夫をしてみてもいいでしょう。
あくまで自分のペールでつわりが収まるまで、いろいろ食べ物を試してみましょう。

高齢出産の障害リスクを下げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2分脊椎(奇形児)予防にも葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防<します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。







何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?