出産は妊婦にとって一大イベントです。
できれば、気になる悩みは少しでも解消し、快適に出産を迎えたいですよね?

妊婦にとって出産する病院はとても重要です。
せっかくですから自分に合う病院で分娩したいものです。

妊婦にはストレスは厳禁。
もしかかりつけの病院を変えたいと思っているなら、我慢しないで変えることもいいでしょう。

妊婦にとって出産する病院はとても大切

どんなに評判のいい病院でも、自分に合う合わないはありますよね。
病院を変えたいと思っても、検査も終わって次の予約もずるずるしてしまい、妊婦にとってなかなか病院を変える決断って難しいと思います。

でも、意外と病院を変えたいと思って転院している妊婦さんって結構いるんですよ。
ただ、病院を変えたいなら、分娩予約の都合もあるので、変更する病院を決めてからのほうがおすすめです。

産科の病院を変えるのは簡単

出産したい病院に電話して、分娩の予約が取れるか確認します。
人気のところはすでに予約が埋まっていることが多いので注意が必要です。

次に必要書類、受診の時期などを言われます。
一般的には血液検査の結果や妊娠初期に必要な検査の結果を持参するように言われることが多いと思います。

それがなければ、再検査を受けなければなりません。
最初から検査し直しというのは、結構面倒くさいですよね。

基本的には紹介状を書いてもらえば、問題ないです。
転院理由は正直に言わなくても、適当にごまかしてもOKです。

病院は変えたいけど、今の病院に言いづらいときは?

基本的には現在の医院には、分娩を他でしたいと伝えれば大丈夫です。
でも、一応それっぽい理由は用意しておいたほうが無難です。

何か言われれば、旦那にすすめられている病院があるとか、近くの病院がいいと言えばいいです。
妊婦の身でストレスを溜めるのは、よくありません。

ちょっとでもストレスを解消できればいいですね。

病院は変えたいなら、早いうちに決断が必要

妊婦の体でいろいろ行動するのは大変です。
それになかなか病院を変えたいと言いづらくて、だらだら今の病院に通いつづけてしまいがちです。

我慢できればいいですけど、嫌な思いをしながら妊婦期間は意外とと長く、出産まで耐えるのは大変。
しかも病院を変えたいと思っていても、受け入れてくれる病院があってのことです。

妊婦の身で転院先も決まらないまま、病院通いをやめることは赤ちゃんにとっても危険なのでやめてください。
かといって、臨月に急に病院を変えたいと行動しても厳しいものがあります。

産婦人科では、20週以内に入院手続きをしないといけないようになっているところが多いと思います。
私の病院では、人気があるらしく母子手帳交付の案内のときには、もう分娩予約をするように言われました。

今の病院に先に転院の話をしてしまうと、転院できなかったときにますます通いづらくなります。
妊婦の期間は短いようで長いのです。

できれば気持ちよく通院したいですよね。
病院を変えたいと思ったら、下準備は念入りかつ慎重におこなったほうがいいでしょう。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?