女性で冷え性に悩んでいる人は多いと思います。
かくいう私も冷え性で年中腹巻をしています。

冷えは体にわるいというのはわかりますが、流産の原因になるって知っていますか?
わたしは妊婦になってはじめて知りました。

冷えは流産の原因になりえる!

冷え性だと子宮が固くなりやすく流産になりやすくなります。
冷え性によって腹部など体の中心の温度を維持しようとして、手足に十分な熱が行き渡らなくなり、手足が冷たくなります。

またお腹が冷えるということは子宮もかたくなり、赤ちゃんに十分な酸素や栄養もいかなくなり、流産の原因になったります。
知り合いの先生が教えてくれました。

靴下をはいて足首をあたためたり、しょうが湯を飲んでみたり、普段のちょっとした工夫で流産を防げるなら頑張りたいですよね。
特に人間は首がつく部分を温めると病気になりにくいと言います。

不必要に体をあたためすぎるのもいけませんが、血液が活発にながれ、運動機能が活性化する程度には温めておいたほうがいいでしょう。
女性にとってつらい肩こりや頭痛も冷えが原因のときがあるので、それも一緒に改善したりするかもしれませんよ?

どんな方法にしても、妊婦にとって流産は恐怖です。
ちょっとでも流産のリスクは減らしましょう。

冷え性は女性に多い

個人差はあるでしょうが、冷え性は女性に多い症状です。
女性は男性に比べると、熱を作り出す筋肉が少なく、月経等もあり、冷え性が多い理由と考えられます。

月経の影響などで、腹部の血流が滞りやすいといったことも、冷え性の原因となります。
実は冷え性というのは、様々な体の機能低下要素を含んでおり、生活習慣病の入り口でもあります。

冷えで体の機能が低下し、流産だけでなく、不妊の原因になったりするので、甘く見てはいけません。
冷え性をそのままにしておくと、眠りが浅くなったり、肩こりや腰痛に発展してしまったり、体に悪影響が出てきます。

妊婦の冷え性対策はとても大切

自分だけの体ではないのですからちょっとした工夫で流産を防ぐことができます。
流産は女性にとって耐えがたい苦痛です。

少しでも体をぽかぽかさせ、赤ちゃんに居心地のいい子宮環境を整えたいものです。
わたしが冷え性対策にすすめるのは、やっぱり腹巻です。

今は妊婦用の腹巻も簡単に買うことができるので、手に入りやすいと思います。
人間の身体の構造の一つに寒い時にはまずお腹に血液が集まるという習性があります。

夏でもそんなに厚くない薄手の腹巻もあるので、着用しやすいと思います。
ちなみに、わたしはお腹を守る意味でもつかっていました。

最近、物騒な事件も多く、お腹にぶつかってくる人もいます。
なので、ちょっとでもお腹を守り、流産しないように腹巻をしていました。

首を温めるといいともききますが、夏はつらいですよね?
その点腹巻なら、大丈夫です。
是非試してみてください。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?