妊活しようってまず思い立ったとき、まず最初にすることは食べ物ですよね。
妊娠しやすい食べ物、赤ちゃんに悪影響を与える食べ物はやめようと考えます。

どんな食べ物が妊活にふさわしい?

妊活中の食べていけない食べ物で有名なのは、たばこ、お酒(多少はいいらしい)、カフェイン。
妊娠したら、お酒は赤ちゃんが酔っぱらうからNGです。

カフェインは意外と侮れず、カフェインが含まれている食べ物は意外と多いのです。
カフェインはコーヒーが有名ですが、実は緑茶や紅茶、はてまてコーラにも含まれているんです。
眠気や疲労を忘れさせてくれる仕事に欠かせないものですが、血管を収縮させてしまうこともあります。

また、鉄分の吸収を妨げ、内臓機能を低下させるので妊活している人には避けたほうがいいでしょう。
逆に、妊活中に食べたほうがいい食べ物で、わたしが効果があった食べ物はふたつです。

1年ぐらい試して、無事妊娠できましたよ。
おすすですよ。

妊活おすすめ食べ物No1はたんぽぽコーヒー

生粋のコーヒー等だったのですが、妊活を決意したときに、きっぱりカフェインはやめました。
毎日コーヒーを5杯以上飲んでいました。

さすがにミルクはいれていましたが。
その代り飲み始めたのが、たんぽぽコーヒーでした。

たんぽぽコーヒーには健康維持や美容に対してさまざまな効能があると言われています。
その中でもタンポポには性ホルモンのバランスを整えたり、分泌促進作用を持った成分が含まれるています。

生理不順の解消や不妊治療のサポート的な効能が期待できるとされています。
母乳に関する面で好影響を与えてくれることが有名です。

なので、わたしは産前だけでなく、産後も好んで飲んでいました。
気になる味ですが、柔らかい味でした。

たとえて言うなら、ミルクティーといった感じでしょうか?
ブラック好きにはものたりないかもしれないかもしれないですね。

たとえ妊活のためであっても、まずい食べ物だと続けられないですからね。
楽しく妊活しなくてはね。
ストレスは厳禁です。

妊活おすすめ食べ物No2はルイボスティー

ルイボスは、マメ科のアスパラトゥス属の一種で、ルイボスティーはアフリカのお茶です。
最近、妊活で話題になっているお茶ですよね。
近くのドラッグストアでも見かけるようになりました。

ルイボスティーの最大の効能はミネラルを豊富に含んでいることです。
ミネラルは、タンパク質、炭水化物、脂質、ビタミンとともに、5大栄養素のひとつとして人間の生理作用に大きく関わっています。

ミネラルは人間の体内で合成することができないため、食事や飲み物から摂取しなくてはなりません。
食生活が偏りがちな現代人にとって、それぞれのミネラルをバランスよく摂取することが大切となってきます。

気になる味ですが、少しクセのあるエスニック風お茶といったところでしょうか?
ミルクティーとかにして飲むと飲みやすいと思います。

高齢出産の障害リスクを下げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2分脊椎(奇形児)予防にも葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防<します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。







何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?